いま社会政策に何ができるか<br> どうする日本の家族政策

個数:

いま社会政策に何ができるか
どうする日本の家族政策

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月24日 13時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623092819
  • NDC分類 364
  • Cコード C3333

出版社内容情報

そもそも家族政策とは何か。なぜ国家が家族に干渉するのか、など様々な議論が噴出し、家族政策それ自体がタブー視されているような現状を打破すべく、本書では、家族政策を「人が生きることを支える政策」として捉え直し、他のアクターの適切な支えを得て「家族をひらく家族政策」を提案する。ケア政策、時間政策を中心としつつ、女性の貧困、移民やLGBT、生殖医療など、最も現代的な家族の課題への提言を試みる。

目次

家族をひらく家族政策
第1部 家族政策の今をつかむ5つのフレーム(子育て支援―社会が共同して負担すべきものは何か;超高齢・人口減少社会―いま問われているのは新たな社会設計・社会構想である;ワーク・ライフ・バランス―子育て期の家族生活の観点から;女性の貧困―家族を単位とした政策が生む問題;親密圏―親密圏からの子どもの退出とケアの保障を考える)
第2部 家族政策のこれからを読み解く12のイシュー(子ども虐待とメンタルヘルス問題のある親―包括的ネットワークによる生活支援;DV・子ども虐待加害者の脱暴力化支援―親密な関係性における暴力への介入;親に育てられない子どもたち―要保護児童と社会的養護;里親家族とその支援―親子関係から「親族」関係へ;認知症ケアはどこに向かうのか―「その人らしさを支える」の先へ ほか)

著者等紹介

落合恵美子[オチアイエミコ]
同志社女子大学講師、国際日本研究センター助教授等を経て、京都大学文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷほは

4
多岐に渡る論点が提示されている。注目すべきは親密圏やワークライフバランスなどの諸概念と具体的なデータや統計情報、それに社会制度の変遷や各国比較が高度に結び合わせられながら議論が展開していくことだ。たとえば男性育児休業では日本は取得率が低いことまでは常識だが、国際レポートによればむしろその恩恵は高い水準だと指摘されており、ではなぜ取得率は低いままなのか?という謎かけから始まる。ここでうっかり「そりゃ儒教文化の影響とか。」などと早合点してしまうと現実の社会制度の複雑さを見落とすことになる。非常に勉強になった。2023/08/30

My

0
ふらっと図書館行って新しい本コーナーでたまたま手に取った本だったけど、人口減少社会の問題、認知症ケア、生殖医療など、私の興味を凝縮したような本だった。 この本に書いてあることはごく一部なんだろうけど、それでも自分が知らなかったこと、思い至らなかったこと、聞いたことはあったけど忘れてたことばかりで果てしない。 それにしても全体にわたってケアという言葉が本当によく出てきた。 構成も分かりやすくて勉強になったので、同シリーズの他巻も読んでみたい。2022/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18933865
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。