MINERVA世界史叢書<br> 人口と健康の世界史

個数:

MINERVA世界史叢書
人口と健康の世界史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 22時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623090143
  • NDC分類 334.3
  • Cコード C3322

出版社内容情報

いつの時代も人類の生存を大きく決定してきた、量的側面としての「人口」と質的側面としての「健康」。本書は、この二つのアプローチのもと日本史・世界史における諸問題を検討する。新型コロナウイルスという新しい感染症の脅威に直面し、世界史的な転換点となるかもしれないとさえ言われているいま、人口、そして感染症とそれに対する医療・公衆衛生をめぐる人類の歩みを多角的に考察する。

内容説明

いまこそ考えたい人口と疫病・医療・公衆衛生の歴史。長い歴史のなかで人類の生存を左右してきた「人口」と「健康」。二つのアプローチから日本史・世界史を多角的に考察する。

目次

第1部 人口の世界史―「人口転換」論を超えて(狩猟採集社会の人口学的分析;近代に向かう人口と環境―ヨーロッパ、特にドイツを中心に;近世日本の人口戦略;アイルランド大飢饉―一九世紀北大西洋世界への位置づけ;ジェンダーとリプロダクションからみる中国の人口史―家父長制家族から一人っ子政策へ;現代アジアの少子高齢化)
第2部 健康の世界史―「疫学的転換」論を超えて(疫病と公衆衛生の歴史―西欧と日本;工業化・都市化と結核;ハンセン病者の社会史―日本の“近代化”の中で;精神医療の歴史学とその射程―医のまなざしと病者の主体性、バイオとソーシャルをめぐって;眠り病と熱帯アフリカ―近代医学の描く「文明」と「自然」;コレラと公衆衛生―帝国植民地の比較史;フィラリアの制圧と二〇世紀日本の熱帯医学―風土病の制圧から国際保健へ;「帝国医療」から「グローバル・ヘルス」へ―マラリア対策に焦点を合わせて)

著者等紹介

秋田茂[アキタシゲル]
1958年生まれ。1985年広島大学大学院文学研究科博士課程後期中退。2003年博士(文学)(大阪大学)。現在、大阪大学大学院文学研究科世界史講座教授

脇村孝平[ワキムラコウヘイ]
1954年生まれ。1989年大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2002年博士(経済学)(大阪市立大学)。現在、大阪経済法科大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしひろ

4
感染症の影響を歴史から見ると、世界が一新する。2020/09/10

ナンスー

0
???2021/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16156759

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。