講座 社会人教授入門―方法と戦略

個数:

講座 社会人教授入門―方法と戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月16日 03時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784623084692
  • NDC分類 377.13
  • Cコード C0034

内容説明

社会的な地位と安定的な収入が得られる憧れの職業、大学教授。ベストセラー『大学教授の資格』で世に大学教授のあるべき姿を問い、「社会人教授」研究の第一人者である著者が満を持して、社会人から大学教授になるための実践編を著した。大学の実態や大学教授のライフスタイル、求められる資質を明らかにしたうえで、具体的かつ詳細な戦略的勉強術を指南。教育業績や研究業績をつくるには?専門書の読み方は?大学関係者と人脈をつくるには?社会人教授の事例研究も備え、これ以上はない手引書。

目次

第1部 社会人教授の歴史と現代的役割(いつ、社会人教授は生まれたのか―ビジネスマン・官僚から、帝国大学教授へ;大学の粗製濫造と社会人教授の参入―大学活性化の起爆剤;急増する大学と大学教授不足―社会人教授増加の功罪 ほか)
第2部 大学教授になるための方法と戦略(大学教授になるための方法と戦略―その1 資質と資格;大学教授になるための方法と戦略―その2 三段階ステップ・アップ法;大学教授になるための方法と戦略―その3 資質・適性・ライフスタイル)
第3部 大学教授に転身した人のケーススタディ(大学教授になれた人の事例研究―「動機・資質・資格」から考える;大学教授になるための最強の戦略)
終わりにかえて―今、社会人教授に求められているのは何か

著者等紹介

松野弘[マツノヒロシ]
岡山県生まれ。千葉大学客員教授(予防医学センター)。博士(人間科学)。早稲田大学スポーツビジネス研究所・スポーツCSR研究会会長等。早稲田大学第一文学部社会学専攻卒業。これまで、山梨学院大学経営情報学部助教授、日本大学文理学部教授・大学院文学研究科教授/大学院総合社会情報研究科教授、千葉大学大学院人文社会科学研究科教授千葉大学CSR研究センター長、千葉商科大学人間社会学部教授を歴任。早稲田大学大学院情報生産システム研究科客員教授、東京農業大学客員教授、千葉商科大学大学院政策情報学研究科客員教授、新潟産業大学客員教授、早稲田大学商学部講師、明治学院大学社会学部講師、山梨学院大学経営情報学部講師、放送大学教養学部講師、専修大学大学院経済学研究科・「社会人学び直し」コース特別講師等を務める。日本学術会議第20期・第21期連携会員(環境学委員会)。英国の著名な環境政治学雑誌「Environmental Politics」のReviewer(査読委員)を務めた。専門領域は、環境思想論/環境社会論、産業社会論/CSR論・「企業と社会」論、地域社会論/まちづくり論、高等教育論。日本社会学、環境経済政策学会、環境思想研究会、ソーシャル・マネジメント研究会、日本経営学会、「企業と社会フォーラム」(学会)、ISA(The International SociologicalAssociation-Regular member)、ASA(The American Sociological Association‐Regular member)等の学会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

社会的な地位と安定的な収入が得られる憧れの職業、大学教授。ベストセラー『大学教授の資格』で世に大学教授のあるべき姿を問い、「社会人教授」研究の第一人者である著者が満を持して、社会人から大学教授になるための実践編を著した。大学の実態や大学教授のライフスタイル、求められる資質を明らかにしたうえで、具体的かつ詳細な戦略的勉強術を指南。教育業績や研究業績をつくるには? 専門書の読み方は? 大学関係者と人脈をつくるには? 社会人教授の事例研究も備え、これ以上はない手引書。