ミネルヴァ日本評伝選<br> 鈴木貫太郎―用うるに玄黙より大なるはなし

個数:

ミネルヴァ日本評伝選
鈴木貫太郎―用うるに玄黙より大なるはなし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 21時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 451,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623078424
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0321

内容説明

鈴木貫太郎(一八六八~一九四八)海軍兵学校第十四期卒業。日清・日露両戦役に従軍、勇猛な水雷屋として驍名を馳せる一方、軍政面でも異能を発揮し、聯合艦隊司令長官・軍令部長と最高の顕職を勤務の後、侍従長となり、昭和天皇の厚い御信頼を得る。最早他に人が居ないという土壇場で輿望を担って内閣総理大臣を引受け、見事に天皇と国民の悲願に応え、大戦争の収拾という救国の難事業を成就する。

目次

少年時代
海軍兵學校
日清戰争從軍とその後
海軍大學・歐洲留學時代
日露戰争での活躍
海上勤務・艦隊司令時代
軍政面での奉公
艦隊勤務への復歸・遠洋航海
最高の顯職へ
豫備役編入・侍從長時代
終戰工作の大業
晩年と終焉

著者等紹介

小堀桂一郎[コボリケイイチロウ]
1933年東京生まれ。1958年東京大学文学部独文科卒業。1961~63年旧西ドイツ・フランクフルト市ゲーテ大学に留学。1968年東京大学大学院博士課程修了、文学博士学位取得。東京大学助教授、同教授、明星大学教授を経て、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shinshin2638

11
終戦時の首相鈴木貫太郎の伝記。海軍軍人としての「愉快な日々」は終わり、予備役に編入されると、途端に政治の世界に足を踏み入れざるをえなくなる。鈴木は自らのことを「一介の武弁」といいつつも、なかなかの政治手腕をもっていた。それが昭和天皇の「まげて頼む」という大命降下の際の言葉に表れている。鈴木と比較すると昭和初期の軍人は実戦経験もなく、人材的に枯渇していたと思う。「軍人勅諭」の軍人は政治に介入してはいけないを終生守ったのが鈴木だが、彼こそ真の軍人だと感じた。かなり読みごたえがある。2017/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11239709

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。