社会理論の再興―社会システム論と再帰的自己組織性を超えて

個数:

社会理論の再興―社会システム論と再帰的自己組織性を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 16時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 355,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623077687
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

本書は、社会システム論と自己組織性論とを軸にした、社会学の本質に迫る論考の集成である。21世紀の社会理論のありかたを鋭く問い、社会学における理論の復権を告げる。

目次

第1部 社会システム論とモダニティ(社会システム論からモダニティを再検討する;モダニティと制度論;モダニティと社会学―「社会的なるもの」の把握をめざして;自己産出系の公理論―システム論のsyntaxとsemantics;モダニティと意味;近代と公共性―ハーバーマス批判の試み;東アジア型ハイブリッド・モダニティ?―在中国日韓台企業の比較が示唆する現実;「評価国家」における統治の構造―政治的合理性・プログラム・テクノロジー)
第2部 再帰的自己組織性論とポストモダン(自己組織性と社会のメタモルフォーゼ;自己組織性と言語ゲーム;自己組織性と合理的選択;自己組織化の普遍性と歴史性―自律・他律・共律;自己組織性と社会システム―主体のありかをめぐる考察;自己組織性とリスク・信頼;日本における社会システム論の意義と未来―日本近代と自己組織性)

著者等紹介

遠藤薫[エンドウカオル]
1952年神奈川県生まれ。1993年東京工業大学大学院理工学研究科後期博士課程修了、博士(学術)。現在、学習院大学法学部教授

佐藤嘉倫[サトウヨシミチ]
1957年東京都生まれ。1987年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、博士(文学)。現在、東北大学大学院文学研究科教授

今田高俊[イマダタカトシ]
1948年兵庫県生まれ。1975年東京大学大学院社会学研究科博士課程中退、博士(学術)。現在、東京工業大学名誉教授、統計数理研究所客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。