Minerva Library〈社会福祉〉<br> 「地方」の実践からみた日本キリスト教社会福祉―近代から戦後まで

個数:

Minerva Library〈社会福祉〉
「地方」の実践からみた日本キリスト教社会福祉―近代から戦後まで

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月24日 11時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 388,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623074501
  • NDC分類 197.6
  • Cコード C3336

内容説明

農村地域、島嶼部等の「地方」は社会的に排除されやすいがゆえに、他に比べてより強い社会福祉ニーズが生じやすい「福祉の先進地域」であるが、社会福祉学等において等閑視されているのが現状である。本書はこの点を踏まえ「地方」に着目し、近代から戦後までの日本キリスト教社会福祉の歴史を分析したものである。実践者の視線から史実を確認することで、信仰を源泉とする実践の構造を解明し社会福祉の根源を問い直した一冊。

目次

キリスト教社会福祉実践史
第1部 社会事業の発展におけるキリスト教の役割(キリスト教による社会事業思想の受容と展開;キリスト教社会事業と渋沢栄一 ほか)
第2部 カトリック社会事業の発展(戦前におけるカトリック系セツルメントの展開;近代社会の形成と医療活動 ほか)
第3部 農村地域における実践(昭和恐慌下におけるキリスト教と農村社会事業;一九三四年東北凶作における救世軍による婦女売買防止運動 ほか)
第4部 キリスト教社会福祉を支えた人物と思想(アキスリング―宣教活動と社会事業;賀川豊彦―優生的言説と実践との関係 ほか)

著者等紹介

杉山博昭[スギヤマヒロアキ]
1962年生。1987年日本福祉大学大学院修士課程修了。博士(学術・福祉)。現在、ノートルダム清心女子大学人間生活学部・キリスト教文化研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。