ミネルヴァ日本評伝選<br> 穂積重遠―社会教育と社会事業とを両翼として

個数:

ミネルヴァ日本評伝選
穂積重遠―社会教育と社会事業とを両翼として

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 321,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623065882
  • NDC分類 289.1

内容説明

穂積重遠(1883~1951)法学者。大正デモクラシー法学を代表する法学者として東宮大夫、最高裁判事を歴任した穂積。法を専門家の独占物とせず市民によって実現されるものと捉える法思想はいかにして生まれたのか。家族法学の開拓者の生涯に迫る。

目次

序章 子として、孫として―多面体の揺籃(一八八三~一九〇四)
第1章 継走のために―旅立ちのとき(一九〇四~一七)
第2章 希望にみちて―立法と社会教育・社会事業(一九一八~三一)
第3章 家族法のパイオニアとして―「人と人の結合にあり」(一九三三)
第4章 難局をいきる―公人として、私人として(一九三一~四五)
第5章 新生にむけて―いまこそ、われらの法を(一九四五~五一)
終章 市民=法学者として―翼を広げて(一九五二)

著者紹介

大村敦志[オオムラアツシ]
1958年千葉県生まれ。1982年東京大学法学部卒業。東京大学法学部助教授を経て、東京大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)