ミネルヴァ日本評伝選<br> 黒田如水―臣下百姓の罰恐るべし

個数:

ミネルヴァ日本評伝選
黒田如水―臣下百姓の罰恐るべし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年07月29日 12時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 313,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623062454
  • NDC分類 289.1

内容説明

黒田如水(官兵衛、孝高。一五四六~一六〇四)豊前の戦国大名。播磨の豪族の家臣に生まれながら、持ち前の知略により豊臣秀吉の天下統一戦を支え、豊前中津一二万石を与えられた如水。豊臣政権の成立、そして秀吉死後の政情をも左右した名軍師の実像を、確実な史料から明らかにする。

目次

第1章 黒田氏の系譜
第2章 如水の生いたち
第3章 織田につくか毛利につくか
第4章 秀吉の播磨入りと如水
第5章 秀吉の中国平定戦における如水の働き
第6章 秀吉の天下統一と如水の采配
第7章 豊前六郡の領国経営
第8章 秀吉の泥をかぶる如水
第9章 関ヶ原の戦いとその後の如水

著者紹介

小和田哲男[オワダテツオ]
1944年静岡県生まれ。1972年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)。静岡大学講師、助教授、教授を経て、静岡大学名誉教授(日本中世史専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件