子どもの心的世界のゆらぎと発達―表象発達をめぐる不思議

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623060962
  • NDC分類 376.11
  • Cコード C3011

内容説明

現実世界と想像世界の間でゆれる子どもの心。長年にわたり、そんな子どもの姿に魅了され追いかけ続けてきた筆者たちによる、謎としての子ども研究。

目次

“有能な乳児”という神話―「小さなおとな」発見型研究から「謎としての子ども」研究へ
第1部 表象の立ち上がる頃(ゆれ動く2歳児の心―自分なりの思いが宿る頃;2歳児から見えている世界―遊びの様子を手掛かりにして)
第2部 自立しつつゆらぐ表象(幼児期の表象世界の多様性;映像やメディア理解をめぐるゆれと発達;魔術と現実を行き来する心;ファンタジーと現実に生きる子どもたち)
子どもの「不思議」から見た「発達の謎」

著者等紹介

木下孝司[キノシタタカシ]
1961年生まれ。現在、神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授

加用文男[カヨウフミオ]
1951年生まれ。現在、京都教育大学教育学部教授

加藤義信[カトウヨシノブ]
1947年生まれ。現在、愛知県立大学教育福祉学部教授

瀬野由衣[セノユイ]
1981年生まれ。現在、愛知県立大学教育福祉学部講師

木村美奈子[キムラミナコ]
1964年生まれ。現在、名古屋芸術大学デザイン学部講師

塚越奈美[ツカコシナミ]
1978年生まれ。現在、山梨大学教育人間科学部講師

富田昌平[トミタショウヘイ]
1974年生まれ。現在、中国学園大学子ども学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。