ミネルヴァ日本評伝選<br> 藤原仲麻呂―率性は聡く敏くして

個数:

ミネルヴァ日本評伝選
藤原仲麻呂―率性は聡く敏くして

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月18日 12時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 348,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623060924
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0323

内容説明

奈良時代中期の権臣、後に恵美押勝と名乗った藤原仲麻呂。太政大臣と権力を上り詰めたのち、近江琵琶湖頭で非業の最期を遂げるその劇的な生涯とはいかなるものか。『続日本紀』を手がかりに賊臣とされてきた仲麻呂の生涯に迫る。

目次

第1章 仲麻呂の出生と出身―その長い雌伏期
第2章 仲麻呂と橘諸兄政権―光明皇后との紐帯
第3章 光明・仲麻呂体制―異形な政治体制
第4章 仲麻呂政権の成立―奈良麻呂の変と淳仁天皇の皇権
第5章 仲麻呂政権の確立―官位官職をきわむ
第6章 仲麻呂政権の政策と政治―独自な施策
第7章 仲麻呂政権の動揺―淳仁天皇の帝権分離
第8章 藤原仲麻呂の乱―乱の経緯と意味

著者等紹介

木本好信[キモトヨシノブ]
1950年兵庫県生まれ。1978年駒澤大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士後期課程満期退学。現在、甲子園短期大学学長、博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。