経済学史

個数:

経済学史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月17日 04時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623059362
  • NDC分類 331.2
  • Cコード C3033

内容説明

17世紀から現代までの経済学の歴史をたどる、初学者に最適の経済学史テキスト。オーソドックスな通史の形式で、スミス以前の経済学の黎明期から、欧米各国における経済学の発展を詳解する。さらに、日本の経済学の展開を日本の社会経済と関連づけて取り上げるなど、各時代における発展の多様性に注目する構成により、興味深く経済学の歴史が学べる一冊。

目次

経済学史と現代
スミス以前の経済学:経済学の黎明
イギリス古典派経済学
古典派経済学とフランス
リストとドイツ歴史学派
マルクス経済学
限界革命と新古典派経済学の形成
ケンブリッジ学派の展開とケインズ革命
アメリカと制度経済学
新古典派経済学の成熟と新古典派経済学批判
現在経済学の展開
日本の経済思想の相克と展開― 文明開化からバブル崩壊以降高度成長の終焉まで
経済学史の捉え方と現代への指針

著者等紹介

喜多見洋[キタミヒロシ]
1953年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、大阪産業大学経済学部教授。専門分野は経済学史、社会思想史

水田健[ミズタケン]
1951年生まれ。法政大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了。現在、東日本国際大学経済情報学部教授。専門分野は経済学史、経済理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。