社会学のつばさ―医療・看護・福祉を学ぶ人のために

個数:

社会学のつばさ―医療・看護・福祉を学ぶ人のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月21日 06時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623056309
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

グローバルな視野とジャパンオリジナルの視点とを提示しつつヒューマンケア職の気づき、目覚め、旅立ちを誘う挑戦的テキスト。

目次

科学と医療・看護・福祉―新たな人間理解に向けて
社会学の学び方―社会を生き、社会を学ぶ
社会と集団―社会の生まれ出づるところ
国家と社会―変わりゆく国民国家
犯罪の社会学―犯罪問題を通してみる私たちの社会
家族を社会学することの醍醐味―「社会」における「家族」の絶えざる発見と創出
教育と労働―正規/非正規雇用の壁と学歴
見える宗教見えない宗教―超越性のダイナミズム
コミュニケーションを社会学する―耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ぶことの解明へ
情報・メディア・プライバシー―「生活の情報化」をどう生きるか
感情を社会学的に考える―介護・看護・福祉における感情労働
健康と健全―晒される生命の訴え
NPO・ボランティア―「良心的支持者」からなる集合行為
環境運動と地域社会―環境をめぐる「意味づけの違い」を越えて

著者等紹介

早坂裕子[ハヤサカユウコ]
現在、新潟青陵大学看護福祉心理学部教員(医療社会学・福祉社会学)。2008年新潟大学大学院医歯学総合研究科博士課程修了、博士(医学)。1996年東京大学大学院医学系研究科博士課程単位取得、博士(社会福祉学)。1991年ロンドン大学大学院RHC社会科学研究科修士課程修了(MSc.Medical Sociology)

広井良典[ヒロイヨシノリ]
現在、千葉大学法経学部教員(公共政策、社会保障論、科学哲学)。2001‐2002年マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員。1986‐1996年厚生省勤務。1986年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(相関社会科学専攻)。1984年東京大学教養学部卒業(科学史・科学哲学専攻)

天田城介[アマダジョウスケ]
現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教員(社会学)。1997‐2000年日本学術振興会特別研究員(DC1採用)。2000年立教大学社会学研究科社会学専攻博士後期課程修了、博士(社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。