Minerva人文・社会科学叢書
日本的雇用慣行―全体像構築の試み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 453p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623049240
  • NDC分類 366.21
  • Cコード C3333

内容説明

日本的雇用慣行の本質は学歴別・性別に仕切られた経営秩序にある。本書は、身分制の視角から日本的雇用慣行を全面的に再吟味し、日本的雇用慣行の全体像を問う。

目次

序章 本書の課題
第1章 学校から「実社会」へ
第2章 定年制つき「終身雇用」
第3章 年と功の年功制
第4章 「老婆心」の賃金
第5章 会社の一部としての会社内組合
第6章 日本的雇用慣行のこれまでとこれから

著者等紹介

野村正實[ノムラマサミ]
1948年静岡県横須賀町生まれ。1971年横浜国立大学経済学部卒業。1976年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。東北大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

10
図書館にて。濱口桂一郎『働く女子の運命』(文春1062)での引用を見て、こちらを先に読んだ。2021年春からNHK教育(おっとEテレか)の日曜ゴールデンタイムにラブライブ!の続編アニメを再放送するのか、とか、左派の運動家はなにゆえ実現不能な目標をわざと掲げてきたのか(過去にはそれが有効であった局面があった)とか、分かる感を得た▲日本の産業は、官業の払い下げから生じた。ゆえに日本の大会社組織は近代官僚組織に似る。欧米の職別労組の方が歴史に由来する特殊であり、日本の職場≒会社別組合の方が自然と言える。続く2021/03/11

keepfine

0
卒論にて参照2010/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/846839

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。