Minerva歴史・文化ライブラリー<br> ヴィクトリア女王―ジェンダー・王権・表象

個数:

Minerva歴史・文化ライブラリー
ヴィクトリア女王―ジェンダー・王権・表象

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 332,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623046607
  • NDC分類 288.493
  • Cコード C3322

内容説明

わが国では、ヴィクトリア朝文化について歴史・文学・美術・あるいは建築などそれぞれの分野において研究が進んではいるが、ヴィクトリア女王そのものを対象としてとりあげた研究はなかった。本書は、男は公領域、女は私領域に活動の場を得るのが男女本来の資質に適っているという考え方が支配的であった時代にあって、「公領域の頂点に立つ女性」というパラドキシカルな存在であったヴィクトリア女王に、王権とジェンダーの関係、「視覚的表象」と「言語的表象」と王権の関係という視点から迫る「ヴィクトリア女王学」の第一歩。これはまた、わが国の「女帝論争」にも何がしか示唆するものがあろう。

目次

第1章 女性君主とドメスティック・イデオロギー
第2章 笑わない女王ヴィクトリア―「王室肖像画像」再考
第3章 アルバート公―ヴィクトリアン・ポピュラー・モナキーの成り立ち
第4章 ヴィクトリア女王とディズレーリ
第5章 女王と外国人とユダヤ人
第6章 女王は「帝国の母」だったのか?―サラ・フォーブズ・ボネッタの物語を中心に

著者等紹介

川本静子[カワモトシズコ]
1933年生まれ。津田塾大学学芸学部英文科卒業。東京大学大学院修士課程修了。津田塾大学名誉教授。専攻:イギリス小説

松村昌家[マツムラマサイエ]
1929年生まれ。大阪外国語大学英語学科卒業。大阪市立大学大学院修士課程修了。大手前大学大学院教授。専攻:ヴィクトリア朝文学・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。