福祉の市場化をみる眼―資本主義メカニズムとの整合性

個数:
  • ポイントキャンペーン

福祉の市場化をみる眼―資本主義メカニズムとの整合性

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623040902
  • NDC分類 369.08
  • Cコード C3336

内容説明

資本主義の発展による「豊かな社会」と並行して形成される福祉社会に本来的に内在する市場論理を、その背後にある「コスト」としての社会問題も含めて、体系的に論じる。

目次

20世紀の経済成長と市場化と福祉社会
第1部 福祉国家形成のためのコスト(福祉国家と安全保障のコスト―沖縄問題の本質;成長至上主義と企業ガバナンス問題―水俣公害 ほか)
第2部 福祉制度における市場論理(日米の公的年金における市場原理―垂直的所得再分配との関係;日本の確定拠出型年金(401k)―アメリカ401(k)との比較を中心に ほか)
第3部 福祉メカニズムにおける市場論理の強まり(擬似市場論―社会福祉基礎構造改革と介護保険に与えた影響;農協の高齢者介護ビジネス―介護保険制度下における総合農協の事例分析を中心に ほか)
社会サービスの市場化をめぐる若干の論点―まとめに代えて

著者等紹介

渋谷博史[シブヤヒロシ]
1949年生まれ。1983年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(1985年)。現在、東京大学社会科学研究所教授

平岡公一[ヒラオカコウイチ]
1955年生まれ。1983年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、お茶の水女子大学文教育学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

市場化と福祉社会の市場論理を体系的に分析。