Minerva西洋史ライブラリー<br> 普通のドイツ人とホロコースト―ヒトラーの自発的死刑執行人たち

個数:

Minerva西洋史ライブラリー
普通のドイツ人とホロコースト―ヒトラーの自発的死刑執行人たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月04日 02時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 622,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623039340
  • NDC分類 209.74
  • Cコード C3322

内容説明

1990年代中頃に「ゴールドハーゲン論争」を巻き起こし、ドイツ歴史学界の激しい批判を浴びつつも、ベストセラーとなったホロコーストに関する問題書の全訳。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツは「アウシュヴィッツ絶滅収容所」に象徴されるように、ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅をめざして、組織的に差別・迫害・殺害の限りを尽くした。本書では、ユダヤ人大量虐殺の現場、これを遂行した「普通のドイツ人」の動機や心情など、学術的史書では後景に隠されがちな情景が、重苦しいばかりの記述となって再現されている。本書を「逸脱の書」と評するか、「告発の書」はたまた「警醒の書」と見るか、いまなお論議は終わっていない。

目次

ホロコーストに関する中心的観点の再考
第1部 ドイツの反ユダヤ主義を考える―抹殺主義者の思考
第2部 抹殺論者の計画と組織
第3部 警察大隊―自発的殺人者であった普通のドイツ人
第4部 絶滅政策としてのドイツ人「労働」
第5部 死の行進―最後の日々
第6部 抹殺的反ユダヤ主義、普通のドイツ人、自発的な死刑執行人

著者等紹介

ゴールドハーゲン,ダニエル・ジョナ[ゴールドハーゲン,ダニエルジョナ][Goldhagen,Daniel Jonah]
1959年生まれ。ハーヴァード大学のヨーロッパ研究センターに勤務する政治学・社会研究の助教授である。博士論文『普通のドイツ人とホロコースト』は、比較政治学の分野における最良の研究として、アメリカ政治学会における1994年度「ガブリエル・A・アーモンド賞」を授与された。また、同書によって彼は、1997年『ドイツ政治と国際政治』誌の「民主主義賞」を授与された

望田幸男[モチダユキオ]
1931年甲府市に生まれる。1958年京都大学文学部史学科卒業。1963年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、同志社大学名誉教授、文学博士

北村浩[キタムラヒロシ]
1965年東京都に生まれる。1998年慶應義塾大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、財団法人政治経済研究所主任研究員

土井浩[ドイヒロシ]
1961年山口県に生まれる。1986年同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻博士前期課程修了。現在、山口県立下関中等教育学校教諭

高橋博子[タカハシヒロコ]
1969年兵庫県に生まれる。2003年同志社大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、広島市立大学広島平和研究所助教。博士(文化史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。