ジェネラリスト・ソーシャルワーク

個数:

ジェネラリスト・ソーシャルワーク

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 618p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623036691
  • NDC分類 369.1

内容説明

本書は、統合化以降のソーシャルワーク理論であるジェネラリスト・ソーシャルワークの内容を体系的に示したものである。その特徴は、理論体系に「ストレングス」や「エコシステム」といった現代ソーシャルワークを特徴づける新しい実践概念を組み込みながらも、クライエント自身を取り組みの主体として位置づけるというソーシャルワーク本来の価値が色濃く反映されている点にある。本書は3部から構成されている。第1部ではソーシャルワーク実践の5つの基本的視座を提示し、第2部では相互作用のプロセスとして、ワーカー、クライエント、環境、個人との相互作用、マルチパーソンの相互作用を取り上げている。さらに第3部では、それらをふまえてソーシャルワークのプロセスの観点から実践の全体像を呈示している。

目次

第1部 ソーシャルワーク実践の視座(関心/ニーズに応えるソーシャルワーク;発展する専門職としてのソーシャルワーク;知識、価値、技術の創造的混合としてのソーシャルワーク ほか)
第2部 相互作用のプロセス(ワーカー;クライエント;環境 ほか)
第3部 ソーシャルワークのプロセス(アセスメント;プランニング;直接援助活動 ほか)

著者紹介

山辺朗子[ヤマベサエコ]
1954年生まれ。同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士課程後期満期退学。公私相談機関ソーシャルワーカー、華頂短期大学助教授等を経て、現在、龍谷大学社会学部臨床福祉学科教授。専門領域、ソーシャルワーク論(社会福祉援助技術論)

岩間伸之[イワマノブユキ]
1965年生まれ。同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士課程後期修了。社会福祉学博士。社会福祉士。現在、大阪市立大学大学院生活科学研究科講師。専門領域、ソーシャルワーク論(社会福祉援助技術論)

出版社内容情報

ジェネリックソーシャルワークの基本書翻訳。