知能の誕生

個数:

知能の誕生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月29日 15時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 537,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623011513
  • NDC分類 141.1

出版社内容情報

【内容】
新生児はどのような過程を経てひとになるのだろうか。 本書は,ピアジェが自分の3人の子どもたちの綿密な観察を下に,発達心理学の原点,感覚運動的知能から表象的知能への概念を確立した,発達心理学上不朽の名著である。

【目次】
序論 知能の生物学的問題
一 知能の機能的不変項と生物学的体制
二 機能的不変項と理性のカテゴリー
三 遺伝的構造と適応理論
第1部 初歩的な感覚運動的適応
第一章 第一段階:反射の行使
一 吸啜反射
二 反射の行使
三 同化:心的生活の根源的事実
第二章 第二段階:最初の獲得性適応と第一次循環反応
一 吸啜における獲得性の習慣
二 視覚
三 発声と聴覚
四 把握活動
五 最初の獲得性適応:結論
第2部 意図的な感覚運動的適応
第三章 第三段階:《第二次循環反応》および《興味ある光景を持続させる手法》
一 《第二次循環反応》1 観察例、ならびに再生的同化について
二 《第二次循環反応》2 シェマの調節と体制化について
三 再認的同化と意味作用の系
四 般化的同化と《興味ある光景を持続させる手法》
第四章 第四段階:第二次シェマの協応と新しい状況への適応
一 《新しい状況への既知シェマの適用》1 観察事実
二 《新しい状況への既知シェマの適用》2 考察
三 可動的シェマにおける同化、調節、体制化
四 指標の再認、予見への利用
五 新しい対象や現象の探索と《派生的》第二次反応
第五章 第五段階:《第三次循環反応》と《能動的実験による新しい手段の発見》
一 第三次循環反応
二 能動的実験による新しい手段の発見1 《台》、《紐》、《棒》
三 能動的実験による新しい手段の発見2 その他の例
四 能動的実験による新しい手段の発見3 結論
第六章 第六段階:心的結合による新しい手段の発明
一 観察事実
二 発明と表象
結論 《感覚運動的知能》あるいは《実用的知能》:知能の諸理論
一 連合主義的経験論
二 生気論的主知主義
三 先験論とゲシタルト心理学
四 試行錯誤の理論
五 同化の理論