スペイン内戦と国際旅団 - ユダヤ人兵士の回想

個数:

スペイン内戦と国際旅団 - ユダヤ人兵士の回想

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 324p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622090076
  • NDC分類 949.96
  • Cコード C0022

出版社内容情報

第二次大戦前夜、フランコのクーデタから始まった内戦は、ファシズムと共産主義の代理戦争に発展した。ステインはヘミングウェイ、オーウェルとおなじく、ソ連が援護するスペイン共和国軍のもとに馳せ参じる。しかし彼が属したユダヤ人部隊は食糧も武器もなく肉弾戦に投入され、殲滅された。ソ連共産党の腐敗と横暴に絶望しながら、奇跡的に生還し、回想記を書く。抑えられた筆致がかえって雄弁に真実を語るだろう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

古本虫がさまよう

5
コミュニストとして国際旅団の一員としてスペインにやってくる。粛清裁判のことは気にかけつつも……。また社民主義者は「ファシズムの左翼」とみなされていたのに、一転して「共にファシズムと戦う同志」となったことに戸惑いながらも……。「粛清裁判」に関しては、この前公開されたロズニッツァ監督の実録映画『粛清裁判』が圧巻だった。またケストラーの『真昼の暗黒』もそのあたりを描いた佳作。スターリンの言いなりでしかなかった国際旅団の欺瞞を告発した書だ。オーウェルの『カタロニア讃歌』に匹敵するノンフィクション。2021/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18206323
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。