心理学の7つの大罪―真の科学であるために私たちがすべきこと

個数:

心理学の7つの大罪―真の科学であるために私たちがすべきこと

  • 提携先に33冊在庫がございます。(2019年04月20日 09時57分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 392p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622087885
  • NDC分類 140
  • Cコード C1011

内容説明

心理学は「科学」なのか?それとも、錬金術や骨相学のような時代遅れの技術なのか?改革の旗手が描く、心理学のあるべき未来。

目次

第1の罪 心理学はバイアスの影響を免れていない
第2の罪 心理学は分析に密かな柔軟性を含ませている
第3の罪 心理学は自らを欺いている
第4の罪 心理学はデータを私物化している
第5の罪 心理学は不正行為を防止できていない
第6の罪 心理学はオープン・サイエンスに抵抗している
第7の罪 心理学はでたらめな数字で評価を行っている
救済

著者等紹介

チェインバーズ,クリス[チェインバーズ,クリス] [Chambers,Chris]
カーディフ大学心理学部・認知神経科学教授。同大学ブレインリサーチイメージングセンター長。認知神経科学の国際的学術誌『コーテックス』などの編集委員、2014年より「センター・フォー・オープン・サイエンス」の登録制報告委員を務め、『ガーディアン』紙のサイエンスブログ・ネットワークにも寄稿している

大塚紳一郎[オオツカシンイチロウ]
1980年、東京都に生まれる。臨床心理士。2002年慶應義塾大学文学部卒。2009年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、ISAP(チューリッヒ)在学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

STAP細胞問題で衆目を集めたデータの捏造・改ざんによる不正行為は、心理学にとってもけっして対岸の火事ではない。発表バイアスの影響、実験データの私物化、不正行為への脆弱さ、論文のでたらめな評価尺度……。著者は自らの研究者生活、専門誌の編集委員経験を通じて見えてきた、心理学の研究文化に潜む「7つの大罪」を暴き出す。心理学が透明性と再現可能性を高め、真の科学であるためには何をすべきか? 変革への青写真をも提示する、警鐘の書にして救済の書。

「認知神経科学者で心理学者であるチェインバーズは、再現性の危機の原因となる実践を特定しており、改革するためのキーマンとして重要な役割を担っている」(『ネイチャー』評)

【著者について】クリス・チェインバーズ(Chris Chambers) カーディフ大学心理学部・認知神経科学教授。同大学ブレインリサーチイメージングセンター長。認知神経科学の国際的学術誌「コーテックス」の編集委員を務め、「ガーディアン・サイエンスブログ・ネットワーク」にも寄稿している。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件