アントフィナンシャル―1匹のアリがつくる新金融エコシステム

個数:
電子版価格 ¥3,520
  • 電書あり

アントフィナンシャル―1匹のアリがつくる新金融エコシステム

  • ウェブストアに36冊在庫がございます。(2020年01月19日 03時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 375p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622087755
  • NDC分類 338.222
  • Cコード C0033

内容説明

9億人が利用する決済サービス「アリペイ」、個人の信用度をスコア化する「芝麻信用」。これらを動かす「アントフィナンシャル」の本質は、取引における「信用」の問題を技術力で解決することにある。技術とノウハウの開放によってエコシステムを拡大する世界的フィンテック企業の全貌を読み解く。

目次

第1部 ゲームチェンジャー・アリペイ(アリペイの誕生;アリペイの野心―キャッシュレス社会の推進)
第2部 アリが夢見るインクルーシブファイナンス(余額宝がもたらす資産運用革命;インターネット時代の零細企業融資;信用を財産に)
第3部 金融の勢力図を塗り替える(1匹のアリが作る新金融エコシステム;グローバルな発展の未来図;農村金融の荒野を開墾する;オープンプラットフォーム―テクノロジーで金融に奉仕する)

著者等紹介

廉薇[リェンウェイ]
中国金融40人論壇(CF40)編集部主任。北京大学文学学士、経済学学士、中国人民大学経済学修士。CF40の成果の報告・発表および内部刊行物、書籍、ウェブサイト、ニューメディア等の編集業務を担当

辺慧[ビェンホイ]
中国金融40人論壇ニューメディア責任者。華南理工大学文学学士、北京大学経営学修士

蘇向輝[スーシアンホイ]
北方新金融研究院編集者。南開大学国際経済貿易学部学士、国際経済貿易学修士。中国の電気機械製品の第11期五カ年計画、第12期五カ年計画の起草に参与し、国務院の委員会にも政策提言を行っている

曹鵬程[ツァオポンチョン]
中国金融40人論壇編集者。北京大学歴史学学士、経済学学士。地方政府、コンサルティング会社、シンクタンクでの勤務を経て現職

永井麻生子[ナガイアイコ]
翻訳者。神戸市外国語大学大学院博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アリペイで中国のキャッシュレス化を牽引する世界的フィンテック企業の全貌を解明。金融の最前線を知り、中国の今を知るための必読書急速にキャッシュレス化が進む中国。

9億人以上が利用する決済サービス「アリペイ」(支付宝)。
1元から資産運用ができるMMF「余額宝」。
個人や企業の信用度をスコアリングする「芝麻信用」(ジーマ信用)。
一般消費者や零細企業に少額融資を行う、マイクロクレジット専門のインターネット銀行「網商銀行」(マイバンク)。
これらすべてを動かすのが、アリババ・グループの金融関連会社「アントフィナンシャル」だ。

現在、アントフィナンシャルの業務分野は、決済、融資、資産運用、保険、銀行に及び、テクノロジーによって金融のあり方を大きく変えようとしている。
本書では、中国の金融シンクタンク「中国金融40人論壇」(CF40)のメンバーが、2004年の「アリペイ」の誕生から2017年までのアントフィナンシャルの発展史を辿り、その全貌を解明する。

アントフィナンシャルが最も重視するのは零細企業や農村、一般消費者へのサービスだ。
資金ニーズはあるものの、信用情報がなく、銀行から融資を受けられない人々には、有効な信用情報を蓄積する術を生み出し、適正に与信判断を行うシステムを構築することで融資を実現した(第5章で詳述)。
貸付リスクの高さから既存金融機関に見放されてきた農村部でも、実情に即して金融ニーズを腑分けし、インフラを整備して、都市部と同等のサービスを提供しようとしている(第8章で詳述)。

この企業の本質は、取引における「信用」の問題を技術力で解決することにある。
さらに、その技術を積極的に外部に開放することで、独自の金融エコシステムを世界へ拡げようとしている。

KPMG/H2 Venturesが選出する「Fintech100」に3年連続で第1位に選ばれた、世界的フィンテック企業の全貌を解明。
金融の最前線を知り、中国の現在を知るための必読書。

アントフィナンシャル年表/業務分野および基盤構造

序文 「アントフィナンシャルは生きた金融の発展史である」  黄益平(北京大学デジタル金融研究センター主任)

はじめに

第I部 ゲームチェンジャー・アリペイ
第1章 アリペイの誕生
1 誕生
2 開拓
3 成長の痛み
4 法制度への対応
5 イノベーション――「双11」の裏で

第2章 アリペイの野心──キャッシュレス社会の推進
1 オールイン・モバイル――モバイルにすべてを賭ける
2 QRコード決済の先駆者
3 モバイル決済頂上決戦――アリペイvsウィーチャットペイ
4 モバイル決済は「決済」だけじゃない

第II部 アリが夢見るインクルーシブファイナンス
第3章 余額宝がもたらす資産運用革命
1 余額宝の誕生
2 招財宝は「諸刃の剣」?
3 最終兵器、アントフォーチュン

第4章 インターネット時代の零細企業融資
1 アリババと商業銀行の中小企業融資モデル
2 阿里小貸――インターネットとビッグデータを駆使した零細企業融資
3 網商銀行――クラウド上の銀行

第5章 信用を財産に
1 芝麻信用――個人の信用アカウント
2 〈信用=財産〉時代の到来
3 中国の信用システム構築は始まったばかり

第III部 金融の勢力図を塗り替える
第6章 1匹のアリが作る新金融エコシステム
1 アリの前世
2 アリの使命
3 投融資のロジック
4 進撃のアリ

第7章 グローバルな発展の未来図
1 グローバル化の青写真
2 世界規模のインクルーシブファイナンス
3 花といばらのグローバル化の道

第8章 農村金融の荒野を開墾する
1 決済で農村金融の扉をこじ開ける
2 信用貸付を掌握せよ
3 追い風を受ける農村金融

第9章 オープンプラットフォーム──テクノロジーで金融に奉仕する
1 〈インターネット+保険〉の発展性
2 インターネット推進器の進化の道
3 アントフィナンシャルの未来――徹底して「テクノロジー企業」であること

あとがき

解説 「アリの新たな挑戦」  西村友作(対外経済貿易大学国際経済研究院教授)

付録 アントフィナンシャル・サービスグループ役員名簿/株主名簿/投資先一覧

廉薇[リェンウェイ]
著・文・その他

辺慧[ビェンホイ]
著・文・その他

蘇向輝[スーシアンホイ]
著・文・その他

曹鵬程[ツァオポンチョン]
著・文・その他

永井麻生子[ナガイアイコ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件