ジェネリック―それは新薬と同じなのか

個数:

ジェネリック―それは新薬と同じなのか

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2018年02月21日 06時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 464p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622086512
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C0036

内容説明

ジェネリック薬は先発薬とどのように「同じ」なのか。同等性をめぐる激しい論争、製薬会社の攻防、医療政策など、ジェネリックの歴史を初めて明らかにする。

目次

序 同じであって同じでない
1 名前には何が込められているのか?
2 ジェネリックなんてものはない?
3 同等性の科学
4 代替調剤に関する法律
5 ジェネリック消費のパラドックス
6 ジェネリック医薬品
結論 類似性の危機

著者等紹介

グリーン,ジェレミー・A.[グリーン,ジェレミーA.] [Greene,Jeremy A.]
1974‐。医師・医学史家。ジョンズ・ホプキンス大学医学史部門准教授。医師の製薬企業の歴史的研究の第一人者。著書Prescribing by Numbers:Drugs and the Definition of Disease(2006)でレイチェル・カーソン賞およびエドワード・クリーマーズ賞を受賞

野中香方子[ノナカキョウコ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ジェネリック医薬品といえば、従来の薬よりも安いが、なんとなく不安があるというイメージではないだろうか。本書はジェネリック医薬品の歴史をはじめて明らかにする。アメリカで誕生し、いかがわしい薬とみなされていたジェネリック薬は、どのように現在の地位を得たのか。偽薬論争、政府・製薬会社・消費者の攻防など、ジェネリック薬が社会に定着するまでを明らかにした唯一無二の本。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件