パリはわが町

個数:

パリはわが町

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月20日 20時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 234,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622085553
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C0098

内容説明

短篇の名手が、所番地を手がかりに数多の出来事と出会いを想起する断章=自伝。20世紀の都市パリを生きた作家たちを偲ぶ「愛情地理学」にして人生のアドレス帳。

著者紹介

グルニエ,ロジェ[グルニエ,ロジェ] [Grenier,Roger]
フランスの小説家・ジャーナリスト・放送作家。1919年9月19日、ノルマンディ地方のカーンに生まれ、ピレネー山中ベアルヌ地方の町ポーで育つ。1943年11月に上京して以来、現在までパリ市に在住。戦後アルベール・カミュに誘われて“コンバ”紙の記者となり、“フランス・ソワール”紙編集部を経て、1963年からガリマール出版社編集委員

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年、東京生まれ。東京大学名誉教授。放送大学教養学部教授。1990年『本の都市リヨン』(晶文社)で大佛次郎賞受賞。ラブレー、モンテーニュからゾラ、バルザック、都市論まで、幅広くフランスの文学と文化を扱っている。ラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル』(全5巻、ちくま文庫)の訳業により、2013年度の読売文学賞(研究・翻訳部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

97歳のフランスの短篇名手が、人生の大半を過ごしたパリの「所番地」を鍵に語る極私的断章集。名訳、注釈、登場人物三百人の索引付「はたして自分が田舎者なのかパリっ子なのか、わたしにはわからない。わたしはたまたまノルマンディに生まれた。そして、わたしの作品の大部分は、子供時代や思春期を過ごしたポーの町とベアルヌ地方から着想を得ている。けれども、わたしの町ということになれば、それはパリである。本当のパリっ子とは、別の土地で生まれ、パリで生きるのが征服することであるような人間をいうような気がするのだ。それには、セーヌ河にかかる橋を渡って、目を見はるだけで十分だ。比較を絶する空が広がっている。夢ではなくて、わたしはパリにいるではないか!」(本書より)

1943年以来ずっとパリに暮らす、97歳の作家が、19世紀パリの印刷工だった祖父の住所を皮切りに、数々の思い出と出会いにあふれる町を言葉で散歩する。占領から解放される現場に立ち会い、カミュのもとで編集発行された《コンバ》紙のジャーナリスト、ガリマール社の編集者として、多くの作家を知ったグルニエの、親切な道案内で路地裏を歩いてゆく読者に、パリは新たな相貌をみせてくれるにちがいない。
本書には、ジッド、サルトル、ジュネ、バタイユ、フォークナー、ヘミングウェイ、カルペンティエルなどが姿をみせ、今は亡き親しい友人たち(ブラッサイ、パスカル・ピア、クロード・ロワ、ロマン・ギャリ)も生きているようだ。都市を舞台とした愛情地理学にして、人生のアドレス帳。

ロジェ・グルニエ[ロジェ グルニエ]
フランスの小説家・ジャーナリスト・放送作家。1919年9月19日、ノルマンディ地方のカーンに生まれ、ピレネー山中ベアルヌ地方の町ポーで育つ。1943年11月に上京して以来、パリ市に在住。戦後アルベール・カミュに誘われて《コンバ》紙の記者となり、《フランス・ソワール》紙編集部を経て、1963年からガリマール出版社編集委員。2011年、創立百周年を記念してガリマール社が刊行した大型本『セバスチャン・ボタン通り5番地』を執筆した(挿画はジョルジュ・ルモワーヌ)。邦訳書に、小説『ライムライト』『シネロマン』『六月の長い一日』『黒いピエロ』、短篇小説集『水の鏡』『編集室』『フラゴナールの婚約者』(山田稔・選訳)『別離のとき』、エッセイ『チェーホフの感じ』『フィッツジェラルドの午前三時』『ユリシーズの涙』『写真の秘密』『パリはわが町』がある。

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年、東京生まれ。東京大学名誉教授。放送大学教養学部教授。1990年『本の都市リヨン』(晶文社)で大佛次郎賞受賞。ラブレー、モンテーニュからゾラ、バルザック、都市論まで、幅広くフランスの文学と文化を扱っている。著書『読書の首都パリ』(みすず書房、1998)『パリ歴史探偵術』(講談社現代新書、2002)『本を読むデモクラシー 〈読者大衆〉の出現』(刀水書房、2008)『カラー版 書物史への扉』(岩波書店、2016)ほか。ラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル』(全5巻、ちくま文庫)の訳業により、2013年度の読売文学賞(研究・翻訳部門)を受賞。訳書 グルニエ『ユリシーズの涙』(2000)『写真の秘密』(2011)『パリはわが町』(2016、以上みすず書房)『モンテーニュ エセー抄』(みすず書房、2003)モンテーニュ『エセー』(全7巻、白水社)ほか多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件