理想の教室<br> 世界文学のなかの『舞姫』

個数:

理想の教室
世界文学のなかの『舞姫』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 00時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 142p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784622083290
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1395

内容説明

明治のエリート豊太郎、故国喪失者となってエリスと暮らす?実在の南米移民の経験や「ディアスポラ」の世界文学がひもとかれるなか、主人公=作者・森鴎外のイメージは存分にゆすぶられ、未来はよりいっそう宙吊りに。ありうべき選択肢とともに読者に託される問いの数々。「あなたなら、どのような道を選んだと思いますか」。

目次

テクスト―森鴎外『舞姫』
第1回 南米の太田豊太郎(性欲につまずく;性教育の教材として;明治の浦嶋 ほか)
第2回 エリスの面影とともに生きる(豊太郎の恋、林太郎の恋;鴎外の晩年;エリーゼ・ヴィーゲルト(Elise Wiegert) ほか)
第3回 『舞姫』から一二〇年(『舞姫』の基本構造;「舞姫論争」;『罪と罰』と都市描写 ほか)

著者等紹介

西成彦[ニシマサヒコ]
1955年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。専攻は比較文学、ポーランド文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおにし

19
『舞姫』を読んだ多くの読者は太田豊太郎は妊娠したエリスをベルリンに残してさっさと帰国してしまった薄情者であると思うことだろう。私もそうだが著者はそれは誤った読み方だと指摘する。『舞姫』は豊太郎がベルリンを去って日本へ戻る途中、ベトナムで停泊中の船の中で書かれた回想録であり、帰国後の豊太郎のことは一切書いていない。そこを見落として豊太郎をひどい奴だと非難する権利は我々にはないと著者は言う。う~ん、確かにその通り。鴎外には豊太郎とエリスの一発逆転ハッピーエンドな後日譚をぜひ書いてほしかった。2022/05/12

スイ

6
面白いところもあったのだけど、 「豊太郎はエリスを捨てた、としか読めないのは浅すぎる!ドイツに戻って南米に駆け落ちしたかも知れないじゃないか〜そういう人も実際いたし〜」 というのは私にはあまりに無理矢理に感じられる…。2017/11/01

いくっち@読書リハビリ中

2
性欲につまづいた太田豊太郎、独逸美女を生涯忘れられなかった森林太郎。長文レビュー→http://www.honzuki.jp/book/203948/review/95753/2013/02/22

Kunio Hanaoka

0
学生時代にも思ってたんだけど、比較文学の立場からの視点って、作品そのものを深く読んでいく従来のアプローチとはちょっと違うんだ、ということを感じた。いいとか悪いとかではなく。2016/04/04

じゅじゅじゅ

0
完全に仕事のために読んだからつまらんとこは斜め読み〜 石炭をばはや積み果てつ。白鳥Tの朗読を思い出す。礼拝。2014/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/409669

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。