私のもらった文学賞

個数:

私のもらった文学賞

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月14日 09時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 162p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622078463
  • NDC分類 944
  • Cコード C0098

出版社内容情報

ドイツ語圏の文学賞を総なめにした作家が受賞前後の様子を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになった空前絶後の自伝的エッセイ集。

小説『消去』(2004、小社刊)で日本の読者の度肝を抜き、多くのファンを獲得したオーストリアの作家トーマス・ベルンハルト(1931-1989)。文学界のグレン・グールドとも評されるまさしく孤高の作家が、総なめにしたグリルパルツァー賞やビュヒナー賞等ドイツ語圏の最高の文学賞受賞時の状況を綴った私小説風エッセーと、3編の受賞の辞。文学賞受賞の場をスキャンダルに変えその内幕を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになった空前絶後の書である。

グリルパルツァー賞/ドイツ産業連盟文化栄誉賞/自由ハンザ同盟ブレーメン文学賞/ユーリウス・カンペ賞/オーストリア国家賞文学部門賞/アントン・ヴィルトガンス賞/フランツ・テオドール・ツォコール賞/国家経済賞文学賞/ビュヒナー賞/スピーチ集3篇と退会の辞/編者付記/訳者あとがき

内容説明

小説『消去』で日本の読者の度肝を抜き、多くのファンを獲得したオーストリアの作家ベルンハルト。文学界のグレン・グールドとも評される孤高の人が、総なめにした文学賞受賞時の状況を綴った自伝的エッセー。笑いと涙と感動がないまぜになった、空前絶後の書。

目次

私のもらった文学賞(グリルパルツァー賞;ドイツ産業連盟文化栄誉賞;自由ハンザ都市ブレーメン文学賞;ユーリウス・カンペ賞;オーストリア国家賞文学部門賞;アントン・ヴィルドガンス賞;フランツ・テオドーア・チョコーア賞;連邦商工会議所文学賞;ビュヒナー賞)
スピーチ集(自由ハンザ都市ブレーメン文学賞授賞式のスピーチ;オーストリア国家賞文学部門賞授賞式のスピーチ;ゲオルク・ビュヒナー賞授賞式のスピーチ;退会の辞)

著者等紹介

ベルンハルト,トーマス[ベルンハルト,トーマス] [Bernhard,Thomas]
1931‐1989。オランダのマーストリヒト近傍に生まれる。1957年に詩集『地上にて地獄にて』でデビュー。20世紀のオーストリア文学のみならず世界文学を代表する作家・劇作家である

池田信雄[イケダノブオ]
1947年東京に生まれる。東京大学名誉教授。ドイツ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件