自閉症連続体の時代

個数:

自閉症連続体の時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 20時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 291,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622078456
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0030

内容説明

自閉症・発達障害・アスペルガー症候群・ADHD…それは病か、生の様式か。社会の中で宙づりにされた「連続体」を巡る言説を解きほぐし、ともに生きる方法を探る。

目次

第1部 起こったこと・問われること(始まり広がっていったこと;本人がわかり、語る;誤解は解ける、が;身を処すこと;AC;免責去れる/されないこと)
第2部 回答の試み(社会がいる場所;処世と免責とわかることについて;争いと償いについて)

著者紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年佐渡島生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、立命館大学院先端総合学術研究科教授。専攻は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

発達障害、アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムという「連続体」はどう社会化されたのか。ともに生きる方法を探る。

病や障害と認定されるとはどういうことか。認定されなければ社会で生きづらく、認定されれば援助の対象になる。患者にとってそれはよいことなのか。名づけられなければ社会に居場所はないのか。その最前線が、発達障害・アスペルガー症候群・自閉症スペクトラムという「連続体」だ。病と障害のあいだを揺れ動く、このあいまいな「連続体」は、どう社会化されたのか。患者による本や社会の受け止め方を検討し、ともに生きる方法を探る。

序章/<第?T部 起こったこと・問われること>/第1章 始まり広がっていったこと/第2章 本人がわかり、語る/第3章 誤解は解ける、が/第4章 身を処すこと/第5章 AC/第6章 免責される/されないこと/<第?U部 回答の試み>/第7章 社会がいる場所/第8章 処世と免責とわかることについて/補章 争いと償いについて/あとがき/註/文献表

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件