闇を光に―ハンセン病を生きて

個数:
  • ポイントキャンペーン

闇を光に―ハンセン病を生きて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月29日 00時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622075547
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

過酷な隔離政策により11歳でハンセン病療養所へ。「自らが燃えなければ何処にも光はない」(明石海人)の言葉を胸に自由闊達な精神で歩みつづけた人の記録。

目次

もえて幾山河―私のハンセン病六十六年を顧みて
僕のお父さん
入室する晩

君の手
海の向うには
小豆
盲目十年
入園番号
ひとすじの道―故森岡康行氏を追悼する詩〔ほか〕

著者等紹介

近藤宏一[コンドウコウイチ]
1926年大阪生まれ。1938年、11歳の時に長島愛生園入園。1941年愛生学園卒業。子供時代から詩や作文を書き、「愛生」誌、「綴り方倶楽部」などに発表。戦後、赤痢に罹患したことにより病状が悪化し、失明、四肢障害を負う。1953年、園内の盲人の仲間とともにハーモニカを中心としたバンド「青い鳥楽団」を結成、楽長をつとめる。長島詩話会に参加し「裸形」等で詩を発表するほか、「らい詩人集団」同人として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。