樹をみつめて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622072447
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「統合失調症にはどういう治療が必要か」「戦争と平和についての観察」など著者の基本となるメッセージを伝える26編を収録。

内容説明

100枚を超える長編「戦争と平和についての観察」「神谷美恵子さんの“人と読書”をめぐって」を軸に、書き下ろしを含め22エッセイ。著者の現在の視点を伝える。

目次

樹をみつめて
二〇〇一年秋 神戸
甲南裏山物語
神戸の街角から
戦争と平和についての観察
妄想と夢など
睡眠医学からの助言
認知症的高齢者との対話
治療における強い関係と弱い関係
記憶、脳/精神、音楽療法
神谷美恵子さんの「人と読書」をめぐって
いくつかの出会い
数学嫌いの起源
回想の散歩道
アイデンティティと生き甲斐
戦後社会変動と犯罪
対米要望の権利と義務
奇妙な無風地帯の感覚
こころと体についての断想
翻訳って何?
これらの切れ端を私は廃墟に対抗させた
最晩年の定家―老年は古人に再び出会う季節である

著者等紹介

中井久夫[ナカイヒサオ]
1934年奈良県に生れる。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。