トラウマの声を聞く―共同体の記憶と歴史の未来

個数:

トラウマの声を聞く―共同体の記憶と歴史の未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月17日 17時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622072188
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C1010

内容説明

語れば語るほど戦争の本質が見えなくなるのはなぜか。共同体に刻まれたトラウマ記憶への洞察を来たるべきエシックスに架橋する、9・11以降の歴史の解読法。

目次

1 トラウマ(PTSDをめぐる時間の旅―忘れられたものからの声;トラウマという場所―われわれは現実界との出会いを希求しているのだろうか;集団のトラウマという発見―『モーセと一神教』と埋葬された記憶;「真の他者」の出現―テロリズムと共同体の記憶)
2 ジェノサイド(「俺じゃない、エイハブはあいつだ」―ジェノサイドの欲望が宿る場所;「自由の帝国」と表象の全体主義―言葉のジェノサイド;ジェノサイドと核―核と抑止のレトリック)
3 エシックス(遠くから殺す/近くから書く―モダニズム国家と「ヒロシマ」;国家が殺されて歴史言説が誕生する―アンティゴネーがもたらすエシックス;エシックスの囁き―デリダの正義の在るところ)

著者等紹介

下河辺美知子[シモコウベミチコ]
成蹊大学文学部教授。文学批評理論およびアメリカ文学・アメリカ文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。