イデーン〈3〉純粋現象学と現象学哲学のための諸構想(第3巻)現象学と、諸学問の基礎

個数:

イデーン〈3〉純粋現象学と現象学哲学のための諸構想(第3巻)現象学と、諸学問の基礎

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 194,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622019206
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C3010

内容説明

現象学的還元とノエシス・ノエマ的構造を論じた第1巻、真なる現実の構成、世界定立の解明に向けた分析がなされる第2巻につづいて、この第3巻「現象学と、諸学問の基礎」では、現象学が他の諸学問に対してもつ、独自の超越論的な位置づけが解明される。

目次

第1章 実在のさまざまな諸領域(物質的事物、物質的知覚、物質的自然科学(物理学)
身体、身体の統握、身体論 ほか)
第2章 心理学と現象学との間に成り立つ関係(諸学問に対する現象学の関わり;経験的な諸学問の存在論的な基礎 ほか)
第3章 現象学と存在論との関わり(現象学的研究の領野;もろもろの存在論が現象学のなかへと関係づけられ組み込まれるということ ほか)
第4章 解明の方法(独断的な諸学問には解明が必要だということ;概念の素材の解明 ほか)
付論 (一九一二年の第二巻の草案;十五頁に対する付論(人格的自我と身体) ほか)

著者等紹介

フッサール,エトムント[フッサール,エトムント][Husserl,Edmund]
1859‐1938。当時のオーストリア領に生れる。1876年ライプチヒ,ベルリン,ウィーンの各大学に学び、1883年学位を得る。1884年ウィーン大学のブレンターノの門下に入り、専攻していた数学から哲学への道を歩む。1906年ゲッチンゲン大学教授となり1916年まで在職。その後1928年までフライブルク大学教授

渡辺二郎[ワタナベジロウ]
1931年東京に生れる。1953年東京大学文学部哲学科卒業。1992年より東京大学名誉教授、2002年より放送大学名誉教授。2008年死去

千田義光[チダヨシテル]
1943年北海道に生れる。1970年東京大学大学院哲学専攻課程博士課程中退。国学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。