演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 (第3版)

個数:

演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 (第3版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月18日 05時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784621304198
  • NDC分類 437
  • Cコード C3043

内容説明

著者が大学で実際に使用している講義資料・教材をベースに、学生がどこでつまずくのか、どういった質問があったのかなどを内容に反映し、改良を重ねてまとめた演習書。“有機化学”の基礎である有機化合物の構造式、示性式、名称、性質、基本反応とその反応機構をきちんと身につけるために、立屋敷哲著『生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版』の問題に、著者が大学で実際に受けた学生の質問に答える形で、問題の考え方や解き方を解説した演習形式のスタディガイド。また、本書オリジナルの問題を補充しているので、他の教科書で学習する際の自習演習書としても活用できます。

目次

序 元素と周期表、原子価
1 最も簡単な化合物:構造式の書き方と構造異性体
2 アルカン(鎖式飽和炭化水素)
3 13種類の有機化合物群について理解すること・頭に入れること
4 簡単な飽和有機化合物:アルカンの誘導体
5 不飽和有機化合物
6 芳香族炭化水素とその化合物
7 生体物質とのつながり
8 原子構造と化学結合

著者等紹介

立屋敷哲[タチヤシキサトシ]
女子栄養大学名誉教授、理学博士。1949年福岡県大牟田市生まれ。1971年名古屋大学理学部卒。研究分野:無機錯体化学、無機光化学、無機溶液化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。