建築デザイン分析―20作品から探るアイデアの秘密

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 273p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784621301050
  • NDC分類 525.1
  • Cコード C3052

出版社内容情報

世界の20の建築作品の図面を詳細に分析しながら、その魅力を伝えるとともに、作品の基本となっている建築的アイデアを解説。

小林 克弘[コバヤシ カツヒロ]

木下 央[キノシタ アキラ]

内容説明

優れた建築のデザインには、設計者による多種多様なアイデアが注ぎ込まれています。さて、どのようなアイデアが、デザインを魅力的なものにしているのでしょうか?それは作品をつぶさに分析することで、より深く理解できます。そしてそれを理解しようとすることは、自身の創作活動にとって極めて意義深いものになるでしょう。本書は、世界各国の20の建築作品について、平面図、立面図、断面図などの基本図面に基づいた分析を行うことで、アイデアの秘密を知るための方法を提供します。サヴォワ邸、ファンズワース邸、落水荘などの20世紀の代表作はもちろん、ダンテウム、エンドレス・ハウスといったアンビルトの作品、そして知る人ぞ知る名作まで幅広い作品を収録しています。まさに建築作品分析の新たな地平を開く一冊です。

目次

ラ・カサ・デル・オジョ・デ・アグア
ノイエンドルフ邸
バルセロナ・パヴィリオン
トラス・ウォール・ハウス
エンドレス・ハウス
ファンズワース邸
ラ・コンジウンタ
ル・キャバノン
エシェリック邸
ボルドーの住宅〔ほか〕

著者等紹介

小林克弘[コバヤシカツヒロ]
1955年生まれ。1977年東京大学工学部建築学科卒。1985年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了、工学博士。1982‐84年コロンビア大学客員研究員。東京都立大学専任講師、助教授を経て、首都大学東京大学院都市環境科学研究科建築学域教授。専門分野は、建築設計、建築意匠

木下央[キノシタアキラ]
1973年生まれ。1995年東京都立大学工学部建築学科卒。1997年東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了、修士(工学)。1999‐2000年ブリストル大学美術史学科在学。2000年より東京都立大学工学部建築学科助手。現在、首都大学東京大学院都市環境科学研究科建築学域助教。専門分野は建築意匠、建築史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。