サイエンス・パレット<br> 西洋天文学史

個数:

サイエンス・パレット
西洋天文学史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 158p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784621086674
  • NDC分類 440.23
  • Cコード C0344

内容説明

本書では、おもにヨーロッパを中心とした天文学の黎明期から、望遠鏡の発明を経て天体物理学として飛躍的に発展する19世紀中頃までの歴史について解説します。今では高度なビッグ・サエインスに発展している現代天文学とその宇宙観が、どのようにして誕生し、進歩してきたかを知るための格好の入門書です。

目次

1 有史以前の空
2 古代の天文学
3 中世の天文学
4 変容する天文学
5 ニュートンの時代の天文学
6 恒星宇宙を探求する

著者等紹介

ホスキン,マイケル[ホスキン,マイケル] [Hoskin,Michael]
英国ケンブリッジ大学の名誉フェロー。科学史・科学哲学学科の学科長として、30年間にわたって天文学史を教えた。1970年にみずから創刊した国際学術誌“Journal for the History of Astronomy”の編集長でもある。また、国際天文学連合の天文学史分科会会長も務めた。2001年に国際天文学連合は、ホスキンの業績をたたえて、小惑星12223番を「ホスキン」と命名した

中村士[ナカムラツコウ]
帝京平成大学教授。理学博士。東京大学理学部天文学科卒業、同大学理系大学院修了。東京天文台(現在の国立天文台)に入所、NASAのスペーステレスコープ科学研究所研究員(1984~85)などを経て、2007年に国立天文台を定年退官。専門は太陽系小天体の研究と江戸時代の天文学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

天文学の始まった先史時代から19世紀までを、各時代の宇宙観、観測の歴史などとともに時間軸に沿って直線的に解説。

「天文学」の始まりは、人類が農耕を行うようになった時代、紀元前2000年頃にまで遡ることができる。農作物の栽培や収穫時期を知るため、1年の周期を正確に把握する必要から、暦づくりがその発端とされている。以降、人類の発展とともに天文学も進歩し、16世紀に入って、ケプラーやガリレオ、ニュートンなどにより天文学は飛躍的に進歩することになる。とはいえ、観測機器に乏しく、理論も確立されていない先史、古代時代にすでに宇宙の多くを把握していたと考えられている。
本書では、天文学の始まった先史時代から19世紀までを、各時代の宇宙観、観測の歴史などとともに時間軸に沿って直線的に解説する。

 第1章 先史時代の宇宙
 第2章 古代の天文学
 第3章 中世の天文学
 第4章 天文学的転換
 第5章 ニュートンの時代の天文学
 第6章 宇宙の天体を探る



【著者紹介】
1970年東京大学理学部天文学科卒業。同大学理系大学院博士課程修了後、東京天文台(国立天文台の前身)に入所。小惑星探査機“はやぶさ”の可視カメラの設計・開発指導、すばる望遠鏡による微小小惑星の探査観測を行う傍ら、江戸時代の天文学を研究。2006年国立天文台を定年退官。2008年から現職。理学博士。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件