パリティ物理教科書シリーズ<br> 量子力学入門

個数:

パリティ物理教科書シリーズ
量子力学入門

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784621086209
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3342

内容説明

量子論的世界が、現象に対する直観的理解や古典力学的な取扱いと、いかに異なるかを、わかりやすく解説。なぜ量子力学が必要となり、問題はどう解決されたのか、現代の目で、量子論発展の歴史を見直す。物質も光も波であり粒子であるという二重性の“不思議”から始まって、初学者が疑問に思い、つまずきがちなポイントをていねいに解説している。

目次

1 量子力学の「あらすじ」
2 波動光学と幾何光学
3 エネルギー量子の発見―黒体輻射
4 光の粒子性の確認―光電効果とコンプトン効果
5 ボーアの原子模型
6 物質の波動性
7 不確定性関係
8 波の重ね合わせと不確定性関係
9 シュレーディンガー方程式と波動関数
10 波動関数の収縮と確率解釈
11 波動関数と物理量
12 入門の終わり―井戸型ポテンシャルを例に

著者紹介

前野昌弘[マエノマサヒロ]
1985年神戸大学理学部物理学科卒業。1990年大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了。現在琉球大学理学部物質地球科学科准教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)