研究費が増やせるメディア活用術

個数:

研究費が増やせるメディア活用術

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784621085387
  • NDC分類 407
  • Cコード C0040

出版社内容情報

現役記者が、研究者に素人にもわかる表現方法や相手(メディア)の特色を伝授。各記事での取り扱われ方の比較など、事例数も豊富。

内容説明

「なぜ周囲(資金源・一般)にこの研究の重要性が理解されないのか…」そうつぶやく研究者に向け、現役記者(論説委員)が他分野の人にも分かる表現方法や相手(メディア)の特色・付き合い方を伝授。研究成果発表に対するメディア別記事の比較や、プレスリリース後の結果など、各種の事例を解説する。さらに、トラブルが起きた際のマスメディアの受け取り方や、異業種の人間からうまく話を引き出す方法など技術コミュニケーション全体にかかわるポイントも紹介。

目次

第1章 相手のアンテナが反応する時
第2章 記事に採用されるリリースを書く
第3章 報道の特性を押さえてマスメディアをフル活用する
第4章 記者を敵に回さず、味方につけよう
第5章 インターネットやアンケートは玉石混淆
第6章 「これは!」という話をどう引き出すか
第7章 大学と企業、文化が違う相手と付き合う
第8章 熱意とプレゼンテーション力で心をつかむ
第9章 コミュニケーションのトラブルを乗り越えて

著者等紹介

山本佳世子[ヤマモトカヨコ]
1964年生まれ。現職は日刊工業新聞社論説委員・編集局科学技術部編集委員・東京工業大学ほか非常勤講師。お茶の水女子大学理学部卒。工学修士(東京工業大学)。博士(学術・東京農工大学)。記者として活躍しながら社会人で博士号を取得。科学技術報道(化学、バイオ、環境など)、業界ビジネス報道(化学業界、飲料業界)担当を経て、大学・産学連携報道を担当。産学連携学会:業績賞受賞(2011年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

4
研究費がつかないとお悩みの方には,とても助かる本だ。 課題は,研究費がつかないことではなく,研究の提案書,報告書に無駄な作業をさせられることだということに気が付いてもらえるだろうか。 研究費がつくために提出する書類にいかに無駄が多いか。研究費で実施した研究の報告書にいかに無駄が多いか。研究費を管理運営している事務部門にいかに無駄が多いか。研究に必要な機材の仕様を理論,特許,規格についてどれくらい記述していないか。 メディアが取り上げるとよい事項がなかなか記載できないのは残念。2013/04/11

comi_twins

0
全てのことには同意できませんが、新聞記者視点での「報道されるには?」のヒントが書かれています。それらのヒントを使って自分自身が配信するプレスリリース資料の完成度を確かめるなど、検証してみようと思いました。2016/01/26

Shinji Nakahara

0
記者をもてなした方が掲載率が高くなるらしい。2015/03/16

うな坊

0
得るものがないわけではないが、著者の日本語のひどさに辟易。本当に記者か。読点指導から必要。2013/06/24

すぎ

0
こういう本書く人自体が本当に研究費取れてるのかなぁ?と思って著者紹介をみたら新聞記者だった.新聞記者側の視点を知る上では面白いけど,タイトルが・・・2012/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4764756

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。