本、読もっ!―青少年読書感想文全国コンクール第50回記念book

個数:

本、読もっ!―青少年読書感想文全国コンクール第50回記念book

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月16日 17時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784620520421
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0036

内容説明

人にはみんなそれぞれ、読書のしかたがあります。本を読むスタイルって、実はさまざまにあるのです。「どんな本を読んでいるの?」「文章を書くのは好き?」「読書の魅力ってなんだろう?」…。この本には、自分の世界を大切にしている人たちへの問いかけとその答えがたくさん詰まっています。

目次

あさのあつこ(作家)―高校時代、「おまえの文章が好きだ」と先生に言われたことがうれしかった
いつもここから(お笑いタレント)―傷ついて傷ついて、そういうのがたまって今の仕事に役立つようになったんです
梅沢由香里(囲碁棋士)―囲碁はじんわりとした楽しさ読書は興奮する楽しさ
大河内奈々子(女優)―水を飲むように、ご飯を食べるように毎日自然に本を読み続けたい
岡本知高(ソプラニスタ)―出合ったときパン!とはじけるように感じたことが大切なんです
角田光代(作家)―小学校2年生のときには作家になりたいと考えていました
木村裕一(作家)―料理と味付けは好きにしてみなさんの世界を作り上げてください
「一読一会」(作家・椎名誠氏と語る;セッション「なぜ、読書するの?」)
ジョン・カビラ(キャスター、ナビゲーター)―冒険ものに夢中だった少年時代本を読んで想像の旅に出ていた
手塚真(ビジュアリスト)―「不思議の国のアリス」が僕にとって最初の文学なんじゃないかと思います〔ほか〕