バンティング―インスリンの発見による栄光と苦悩の生涯

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

バンティング―インスリンの発見による栄光と苦悩の生涯

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月26日 12時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 543p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784620326818
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1023

出版社内容情報

1921年、ある男による世紀の大発見で、当時の医学界は大きく進歩した。
それから100年、波乱に満ちた男の生涯を振り返る。

内容説明

1921年、ある男による世紀の大発見で、当時の医学界は大きく進歩した。それから100年、波乱に満ちた男の生涯を振り返る。

目次

『寵児、申し分のない少年』
男らしい男に相応しい
町から出て行く
インスリンの発見
バンティングの勝利
インスリンのヒーロー
不老不死の霊薬
生粋のカナダ人である
バンティング対バンティング
バンティング対資本主義
円熟期
軍人科学者
希望のもてない職務
任務という責任ある立場で

著者等紹介

堀田饒[ホッタニギシ]
名古屋大学大学院医学研究科修了後、名古屋大学医学部第三内科教授、名古屋大学大学院医学研究科代謝病態内科学教授、労働者健康福祉機構中部ろうさい病院院長などを経て、現在中部ろうさい病院名誉院長、名古屋大学名誉教授。内科学、糖尿病に関する著書、共著多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

1
ふむ2021/08/17

もくもく

0
高校生の頃だったか、「遠き落日」で野口英世の実像?を知った時と同じような気分で、本書を読了いたしました。糖尿病医療に関わり、医学史に興味を持つ者として、インスリン発見という輝かしい医学の歴史には、大いに興味をもっていましたが、バンティングという医学者の ある意味スキャンダルの多い人物像は、「なんだかなあ…」って気分です。良く見たら、本書のサブタイトルは ~インスリンの発見による栄光と苦悩の生涯~ って、まさにその通りなんだね~。2021/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17673890
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。