人は悪魔に熱狂する―悪と欲望の行動経済学

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

人は悪魔に熱狂する―悪と欲望の行動経済学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月20日 14時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 336p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784620326405
  • NDC分類 331
  • Cコード C0030

出版社内容情報

人間の50%はクズである! 大ヒット&大ブームの「悪魔の法則」を話題のデータサイエンティストが解明、全ビジネスパーソン必読の書。

内容説明

話題のデータサイエンティストが解き明かした、大ヒット&大ブームの「悪魔の法則」…人間の50%はクズである!「キレイごと」より「本音トーク」がウケる理由、「メガ盛り」が食べたいのに「サラダ」が欲しいと嘘をつく心理、人々を新型コロナ論争に駆り立てるバイアス…。「つい、買わされてしまう…」禁断のテクニックを解説!

目次

序章 ヒット商品には必ず“悪”の顔がある
第1章 人は「強欲」な存在である
第2章 「怒り」が人を動かす
第3章 人は「怠惰」な動物である
第4章 言葉は人を騙す
第5章 嘘は真実より美しい
第6章 人は「矛盾」に満ちている

著者等紹介

松本健太郎[マツモトケンタロウ]
1984年生まれ。データサイエンティスト。龍谷大学法学部卒業後、多摩大学大学院で統計学・データサイエンスを“学び直し”。デジタルマーケティングや消費者インサイトの分析業務を中心にさまざまなデータ分析を担当するほか、各種媒体にAI・データサイエンス・マーケティングに関する記事を執筆、テレビ番組の企画出演も多数。SNSを通じた情報発信には定評があり、noteで活躍しているオピニオンリーダーの知見をシェアする日経COMEMOメンバーとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひこうき雲

106
大切な事が2つ。①人間には合理的思考だけではなく、煩悩にまみれた「悪」の欲求が潜んでいる。この「悪」が人を熱狂に駆り立てている。②データは事実を示すが、必ずしも真実であるとは限らない。「FACTFULNESS」は本当に真実を語っているのか。 2021/02/07

フユコ

76
みんなサラダが食べたいというからマックがサラダの商品出したら売れない、人はかっこつけて言う意見が含まれており、データを丸々信じてはマーケティングに繋げづらい所もあるというのが面白かった。 マックには背徳感のあるカロリーが求められていた。2020/10/28

さっちゃん

50
図書館でマーケティングの棚にあった行動経済学の本。心理学や統計の言葉も、場面の例を挙げて説明されているので素人にもわかりやすい。コロナ、上級国民、宝くじ、マクドナルド、しいたけ占いなどなど、身近な話題ばかりで興味深く読めた。私も背徳感を感じながら食べるマクドナルドが好きだし、キンキンに冷えたビールは悪魔的に美味しいと思う。2021/09/28

キク

50
「愛と欲望の行動経済学」という副題の通り、経済を行う主体が不合理な人間であることに着目して、様々な事象について考察している。アンケート結果から「ヘルシーな商品が望まれている」と考えたマックのマックサラダが大コケした後、グランドビッグマックを発売してヒットしたという事例で、当時のマックの社長の「アンケートの綺麗事の裏にある、背徳感を感じながら食べるのがマックなのかもしれない」という言葉が印象的。2021/09/20

ミライ

48
人間のダークサイドを行動経済学の観点から分析した一冊。「なぜ意識高い系はNewsPicksを使うのか」「M1グランプリはなぜ炎上したのか」「ホリエモンの悪口はなぜ受けるのか」など、日頃気になっていた事がうまく分析されていた。中でも「FACTFULNESS」は本当にファクトなのかという分析が一番面白かったかな、現代は複雑な世の中なので何をするにも何かしらのバイアスがかかってることを前提で行動したほうがいいなと考えさせられた。2020/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15997291

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。