15歳からの労働組合入門

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

15歳からの労働組合入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月23日 12時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784620322254
  • NDC分類 366.621
  • Cコード C0036

内容説明

心と体を破壊される派遣労働者、ダブルワークの高校生、秋田書店景品水増し不当解雇事件、カフェ・ベローチェ雇い止め事件、過労死、学生ユニオンの闘い…若年労働者たちの過酷すぎる生を涙と怒りを込めて告発し、労働組合の新たなヴィジョンを伝える画期的ルポルタージュ。

目次

働く尊厳を取り戻すまで―派遣労働者と労働組合の出会い
ダブルワークの高校生―若者の就職をめぐる受難
学生ユニオンという希望―労働者の権利を学び、行使する
ストライキの復活―メトロレディースが立ち上がるとき
企業による殺人―過労死、そして遺族の闘い
人間としての価値まで奪われて―カフェ・ヴェローチェ雇い止め事件
心と体を破壊されて―労働規制緩和のゆがみと痛み
GSユニオンが職場を再建するまで―現場と仕事にこだわる男たちの闘いの記録
人らしく働かせろ―秋田書店景品水増し、不当解雇事件
一人で漂う若者たち―派遣労働者が仲間と支え合う道
ブラック企業時代の労働組合―今野晴貴×神部紅×東海林智

著者等紹介

東海林智[トウカイリンサトシ]
1964年山形県生まれ。88年法政大卒、毎日新聞社入社。社会部、『サンデー毎日』、横浜支局デスクなどを経て、現在社会部で厚生労働省担当。労働問題や貧困問題などをテーマに取材を続ける。著書『貧困の現場』(毎日新聞社)で日本労働ペンクラブ賞、新聞報道で貧困ジャーナリズム賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。