燃える闘魂

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

燃える闘魂

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 10時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784620321660
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C0034

内容説明

最強経営者の魂に触れよ!「日航」再建の次は、日本再生!逆境をはね返す成功の哲学を伝える。4年ぶり、渾身の書き下ろし!なぜ稲盛経営は最強なのか?なぜいま、注目を浴びているのか?その答えが本書にある!

目次

第1章 日本の盛衰
第2章 「燃える闘魂」の経営
第3章 世のため人のため
第4章 徳をもってあたる
第5章 心を変える―日本航空の再建
第6章 日本再生

著者等紹介

稲盛和夫[イナモリカズオ]
1932年、鹿児島市に生まれる。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年から名誉会長。また84年に第二電電(現KDDI)設立し、会長に就任。01年に最高顧問。10年に日本航空会長に就任。代表取締役会長を経て、13年に名誉会長。84年には私財を投じ稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。他にも若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成に心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

それいゆ

28
意識改革をして心を変えていくことが経営の鉄則であるという稲盛氏の言うことは、京セラ、KDDIを設立し、JALを短期間で再生させた実績があるからこそ、当たり前のことを言っているだけなのですが、すべての言葉に説得力があります。日航再建の章を読みたくてこの本を手にしたのですが、もう少し具体的な再建話を聞きたかったです。抽象的な闘魂論は分かっているので、個々の現場でこんな事例・無駄があって、こう改革したんだという話をたくさん書いて欲しかったです。残念ながらそういった事例はほとんど紹介されていません。2013/11/23

フジマコ

27
仕事ってテクニックじゃないと思う。仕事をなしとげるために必要なのは技術じゃなく想いだと思う。稲盛さんの本を読むとその思いが間違ってないって思う。燃える闘魂って稲盛さんのようなおじいちゃんから聞くと凄いと思う反面、悔しいと思います。負けるかぁって(^^)お客様を大切にするためには、お客様に接してる社員がお客様を、大切にしないといけない。 それを達成するには、会社が社員を大切にしないといけない。上の人間が下を守る。生半可な技術論よりそんな話を語ってくれる人に僕はさすがやなって思うのであります。2014/01/30

黒頭巾ちゃん

27
「精神論」です。単に「頑張れ、気合い」ではなくて経営者に向けて「従業員と会社の命を守る」精神論です。給与削減では経営陣は報酬30%ですが、社員は5%の給与カットと言動一致。他の削減では、「価格の見直しの時期」と前向きです。これから必要な考えは「足るを知る」「利他の精神」。大量消費の時代から、「質」の時代にしないと日本は生き残れないから。「質」とは売るものと受け入れるものです。その精神を具現化するために『燃える闘魂』が必要なのです。JALの再建以外は、他の著作と被ります。因みに元JAL社員は使えませんでした2013/12/20

harhy

20
京セラを生み出し成長させ、その他の事業も逆風下でも執念で成功まで導く。日本航空の再建も、高齢ながら日本経済の再生という大きな目標を掲げ、無報酬で見事にやり抜いた。それを貫く精神含め、すばらしいというほかない。2017/02/13

ともひろ

17
日本航空の再建に関する話かと思いきや、触れられてるのは、わずかで、あとはいつもの稲盛節でした。しかしながら高邁な徳と燃える闘魂で、停滞気味の日本経済、中小企業にエールを送るという姿は、いつもながら納得させられます。2017/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7137092

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。