ハーパーBOOKS<br> ガラスの剣―レッド・クイーン〈2〉

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
ガラスの剣―レッド・クイーン〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月09日 12時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 616p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596550774
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ユニバーサル・ピクチャーズがすでに映画化権を獲得!世界37言語で刊行され、日本でも発売後たちまち重版となった話題の異世界ファンタジー『レッド・クイーン』の続編が登場!

内容説明

罠に嵌められ、“王女”から一転、反逆罪で追われる身となったメア。自分の他にも奴隷の身で支配階級“シルバー”の不思議な力に目覚めた人々がいると知り、捜索に向かう。無慈悲な国王に先を越されれば彼らに命はない―。メアは仲間を守るために戦いの先頭に立ち続け、手を血に染めるたびに傷ついていく。だが周囲からは畏怖され、孤立を深めて…。革命を背負わされた少女の孤独な戦い!

著者等紹介

エイヴヤード,ヴィクトリア[エイヴヤード,ヴィクトリア] [Aveyard,Victoria]
マサチューセッツ州イースト・ロングメドーで生まれ育つ。南カリフォルニア大学で脚本を学び、学位を取得。卒業後、2015年に『レッド・クイーン』でデビューを飾り、たちまちNYタイムズベストセラー1位を獲得。西海岸と東海岸を往復する生活を送る

田内志文[タウチシモン]
1974年生まれ。埼玉県出身。翻訳家、文筆家、スヌーカー選手(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

『よ♪』

37
読了。超能力を持つ銀色の血:シルバーと貧しい労働階級である赤い血:レッドの紛争を描く物語の第二部。レッドでありながら特殊能力を持つニューブラッド『メア』が仲間を探して救出していく。わかり易く、盛り上がりの連続だった第一部に比べると展開が少し単調で飽きる。映像がイメージ出来るような映画的な描写は相変わらず素晴らしいが如何せん話が単調。盛り上がりを見せるのは終盤のみで、この厚さの本だと少しキツい。全部で四部作になるということなので、次で『転』、最後に『結』と、それこそ映画的にわかり易く描かれることに期待。2018/02/26

星落秋風五丈原

35
第二作は黒字に赤でタイトルが浮かぶ表紙絵。メアは憂いの表情で剣を持ち、手からは血が流れている。目立たなかったヒロインが実は秘めたる力の持ち主で物語の中心に押し上げられていくのは毒見師イレーナと共通。第二巻でやっと別の国が登場して物語世界が少しわかる。国内に別の国の人間が出入りしてスカーレット・ガードに入り込んでいたりメアを利用とする勢力が現れたり内戦を繰り広げている場合じゃない。恋しい相手を憎い異母兄に奪われた事もメイヴンの火に油を注ぐ。頼りになる後見人が本巻で姿を消してしまったので少年王の暴走が心配。 2018/09/02

たまきら

20
王座を狙う陰謀に操られ、追われる身となった稲妻娘と第一王子。新たなキャラクターが多数登場し、目まぐるしい。誰を信じていいかわからない…そんな疑心暗鬼のせいでなんだかイマイチお話に乗ってついていけないのが残念でした。お兄ちゃんがなぜこのタイミングで…?とか。最後の展開は…3巻がすでに出ていてよかった…。2020/11/16

豆乳くま

19
1ヶ月近くかかって読み終えました。レッドクイーン3部作の2作目。何度も挫折しそうになった。ここまで読んだのだから最後まで読み切りたいがとにかく合わない。誰が誰を裏切るのか、裏切りのてんこ盛りだ。裏切りがイヤ嫌いなの。登場人物誰にも共感できず主人公メアが何をやっても孤立し嫌われる。辛い、辛すぎる。可愛そうなのに全然応援できない。もうどうしたらいいの。2018/04/26

syoubusiKGW

10
シリーズ4部作のうちの第2作 3部作と聞いていたのになぁ笑 今回もまた能力者が増え仲間たちを集めるストーリーはRPGのよう 血を血で洗うようなドロドロしさに主人公メアの心が前作よりも更に色濃く揺れている感じがしました。 前作に引き続き今作もラストは、 え?どうなるの?という終わり方 最後には広げた風呂敷が無事収束へ向かうことを願っています。2018/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12544629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。