ハーパーBOOKS<br> 顔のない男―刑事ファビアン・リスク

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
顔のない男―刑事ファビアン・リスク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月25日 09時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 659p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596550378
  • NDC分類 949.83
  • Cコード C0197

出版社内容情報



ステファン・アーンヘム[ステファンアーンヘム]

堤 朝子[ツツミアサコ]

内容説明

休日の教室で両手を切断された男の死体が見つかった。傍らには男の写る30年近く前のクラス写真が残され、時を置かず別のクラスメートも凄惨な死を遂げる。容疑者はかつてクラスで壮絶ないじめを受けていた人物。数年前、その足取りは忽然と消えていた。一人また一人と犠牲者が増えるなか、自らも同級生である担当刑事リスクは恐るべき罠に嵌っていき―。本年度最注目の北欧ミステリー!

著者等紹介

アーンヘム,ステファン[アーンヘム,ステファン] [Ahnhem,Stefan]
スウェーデンのヘルシンボリ出身。ヘニング・マンケル原作のドラマ“ヴァランダー”シリーズをはじめ、数々のドラマや映画で脚本家として活躍。『刑事ファビアン・リスク 顔のない男』で作家デビュー。優れた新人作家に贈られるスウェーデンのクライム・タイム賞を2015年に、2016年には読者投票によるドイツの犯罪小説賞MIMI賞を受賞。ストックホルム在住

堤朝子[ツツミアサコ]
東京都出身。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

354
言い訳のしようもない判断ミスをクールにさらっと犯して民間人を死なせ、それでも懲りずにバリバリ違法捜査をこなす主役刑事に、他所をクビになって、しかも事件に関係している可能性のある不良刑事を、躊躇いもなく捜査チームに引き入れる女警視。入口に警官が見張りについている病室で人が死んでいても、天井のダクトを調べることを思いもつかないコペンハーゲン警察。現場の指紋を見逃す鑑識。クラスの集合写真があんなことになっていた理由や、アノ人がコノ人のそんなところにクリップ忘れた経緯の説明は一切なし。でも面白くて満腹感ある。2019/02/09

ふう

83
一人で北欧ミステリーフェアなどと盛り上がって(はまって)30冊。一番多いのはスウェーデンの作品ですが、読むたびにスウェーデンが抱いているイメージとは違って怖ろしい国に思えてきます。人が殺される場面はどの国のミステリーも怖ろしいものですが、アメリカのようにピストルで1発というのではなく、怨念を込めてじわりじわりという感じで本当にひどい…。その分、殺人者の恨みや追う警察側の心理状態がこちらにもひたひたと伝わってきて、途中で閉じられませんでした。警官たちの家庭の問題や職場の人間関係など、抱える悩みも相変わらず。2016/11/22

NAO

66
部署を移ったばかり、なんだかいろんな過去を背負っていそうな刑事ファビアンが、かつての同級生の殺害事件に遭遇。クラスの集合写真には、確かに、誰だっけとどうしても思い出せない人がいる。目立つ者にではなくそういった顔のはっきりしない人物に目を向ける話は、陰湿になりがちだ。その暗さばかりが強調されて、動機が薄いような気がした。2020/08/06

アッキ@道央民

53
北欧を舞台にしたミステリー作品はこの作品が初。スゥエーデンのストックホルム警察からデンマークにも近い港町のヘルシンボリに越して来た主人公のファビアン・リスク刑事。休暇中だったはずが、彼の学生時代の同級生が残忍な手口で殺害される所から始まっていく。一人また一人と同級生が殺害されて行くのになかなかつかめない真犯人。物語の半分過ぎた頃から先が気になり最後は一気読み。かなり屈折した犯人。猟奇的殺人を重ねるやつってそんな感じなんだろうけど。ラストの展開は多少強引な感じもしたけど面白い作品でした。2018/03/16

あさうみ

47
…死にすぎでは…!?だが、いじめに親子関係、いろんな社会問題が凄惨な連続殺人に織り込まれ、引き込まれる。ぶっちゃけ、主人公ファビアンよりも、クソ上司に踏みにじられながらも立ち向かったドゥニア女性刑事がもっていった感。彼女が出るなら続編読まねば!2018/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11179280

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。