ハーパーコリンズ・フィクション<br> トロナお別れ事務所

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

ハーパーコリンズ・フィクション
トロナお別れ事務所

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月24日 20時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784596018342
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

内容説明

厄介な恋人、価値観の合わない家族、やめられない習慣…あなたがお別れしたいものは、何ですか?そこは、人々の「別れ」を代行する奇妙な会社だった。文学賞受賞作家が贈る、韓国発のお仕事小説!イ・カウル、30歳。これまでまともな仕事に就けないまま非正規雇用を転々とし、気付けば人生崖っぷちだ。そんなとき、“トロナお別れ事務所”という会社の面接が決まる。意気揚々と面接へ向かったカウルがたどり着いたのは、オシャレな街の路地裏にある古びた雑居ビルだった。面接に合格したカウルは、アクの強い社長に振り回されながらも、なんとか成果を上げようと、さまざまな別れの依頼に奔走するが、ある出来事をきっかけに、心の奥底に閉じ込めていた本来の自分と向き合うことに…。世の中に押し流され、自分を見失ってしまった人へエールを送る話題作。

著者等紹介

ソンヒョンジュ[ソンヒョンジュ]
ソウル生まれ。大学で歴史学を、大学院で新聞放送学を専攻した。2008年国際新聞新春文芸で短編小説「母のアルバイト」で登壇し、2009年文学思想で短編小説「あなたの男」で新人賞を受賞。2010年平沙里文学大賞を受賞。2011年「不良家族レシピ」で第1回文学ドンネ青少年文学賞大賞を受賞

古川綾子[フルカワアヤコ]
神田外語大学韓国語学科卒業。延世大学教育大学院韓国語教育科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キンモクセイ

54
どんな別れでも代行してくれるトロナお別れ事務所。非正規雇用を転々としていたカウルがようやく就職できたのは別れを代行する会社だった。トロナのトロは元通りという意味でナは私や自分のこと。〝本来の私〟という意味。世の中にはたくさんの人がいて別れも様々だ。カウルも職を失わないように必死になるが、取り返しがつかない出来事が待ち受けているとは思っていなかった。代行の別れはある意味、人の人生に大きく関わる事だと気づく。やがて別れを代行してカウルも今までの自分と別れを決意する。本来の自分を取り戻すためでもあったのかも。2022/02/13

星落秋風五丈原

21
映画「サッド・ムービー」で別れさせ屋が出てきたが本作はこれを代行する会社の社員の話。主人公のキャラは結構好みだったが社長がいかにもなおっさんキャラだった。2022/01/04

Naoko Takemoto

9
以前、系列会社の中途採用で入社した人が、突然こんな『お別れ会社』を通して退職した。こんなことがあるのかと周辺は呆気。トロナお別れ会社は小さな会社で、利益のためなら何でもアリだけど、別れたいというエゴに対するビジネスが存在できることがなんだか恐ろしい。相手を傷つけることだってあるのに。軽い読み口で描かれているので深刻さは薄らぎがちだが、人生に避けて通れない『別れ』の本質をじんわり考えさせられた一冊だった。2022/02/06

ぱせり

5
どんな相手ともあとくされない別れを代行してくれるトロナお別れ事務所。お別れをコーディネイトするマネージャーは人の別れに立ち会い、別れる人や別れを告げられる人の痛みに寄り添い悩みながら、実は、自分の「別れ」と向き合っていたのかもしれない。一番大きな顧客は自分自身だったのかもしれないね。2022/01/06

ヨミトロール

2
ゲームをリセットするように人間関係や習慣・物への執着を終わりにする仕事。ニーズはあっても現実はそう簡単じゃない。奮闘する主人公にもこれから頑張って欲しいと思う傍、社長の推進力も少し分けてもらえたらと変な賞賛を感じてしまった。2022/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18875900

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。