放送大学教材<br> メディア論 (〔改訂版〕)

個数:
  • ポイントキャンペーン

放送大学教材
メディア論 (〔改訂版〕)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 01時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784595834288
  • NDC分類 361.45

出版社内容情報

急速なメディア状況の進展と,それに伴うコミュニケーションや文化の混沌とした変化を,私たちはどうとらえるべきか。近代社会とメディアの関わり合いを歴史社会的な展開,現代的な状況,理論的なアプローチの3つの側面から検討。17,18世紀における印刷術と書物の普及から20世紀末のサイバースペースの展開に至るまでの経緯と諸問題を,情報技術,メディア,社会,人間の相互関連の中から探っている。インターネットやグローバリズムなど現代的な課題についても言及。

 1.メディア論とは何か
 2.活字メディアの時代
 3.映像文化のはじまり
 4.電話する社会の誕生
 5.オーディエンスのいる場所
 6.日本型マスメディアの確立
 7.メディア論の系譜Ⅰ
 8.メディア論の系譜Ⅱ
 9.メディアとしてのコンピュータ
10.巨大メディア資本の展開
11.メディア・リテラシーの回復
12.新しいメディア表現者たちの台頭
13.ネットワーク化するメディア社会
14.グローバル情報化と文化複合
15.メディアの過去・現在・未来