扶桑社ミステリー<br> ベイジルの戦争

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

扶桑社ミステリー
ベイジルの戦争

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月28日 03時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594088224
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

巨匠ハンターが描く傑作エスピオナージュ 

ナチス占領下のパリで幻の写本を追う
英国人エージェント、ベイジルの活躍! 
虚々実々の諜報戦。敵中突破の秘策とは――?


第二次世界大戦を舞台とする傑出したスパイ・スリラー。
ベイジル・セントフローリアンは、かの時代のジェームズ・ボンドだ。
――ネルソン・デミル

歴史のディテールに細心の注意を払った、巧妙で魅惑的な物語。
――ランシング・ステート・ジャーナル紙


ベイジル・セントフローリアン。英国陸軍
特殊作戦執行部所属。無類の酒好き、女好
き。だが任務に当たらせれば並ぶ者のない
凄腕のエージェントだ。その日も女優と逢
瀬を楽しんでいたベイジルは急遽招集され、
ナチス支配下に置かれたパリへの潜入命令
を受ける。任務は、とある暗号が秘められ
た聖職者の写本を複写すること。それは、
暗号解析の責任者アラン・チューリングが、
対独情報戦の要と捉えているものだった。
巨匠ハンターの筆が冴えわたる、戦時スパ
イ・スリラーの傑作!(解説・寶村信二)

内容説明

ベイジル・セントフローリアン。英国陸軍特殊作戦執行部所属。無類の酒好き、女好き。だが任務に当たらせれば並ぶ者のない凄腕のエージェントだ。その日も女優と逢瀬を楽しんでいたベイジルは急遽招集され、ナチス支配下に置かれたパリへの潜入命令を受ける。任務は、とある暗号が秘められた聖職者の写本を複写すること。それは、暗号解析の責任者アラン・チューリングが、対独情報戦の要と捉えているものだった。巨匠ハンターの筆が冴えわたる、戦時スパイ・スリラーの傑作!

著者等紹介

ハンター,スティーヴン[ハンター,スティーヴン] [Hunter,Stephen]
1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Panzer Leader

52
スワガー・シリーズはストイックな主人公たちが登場するが、本作ではウィットに富み軽妙な態度が持ち味の英国特殊作戦執行部の凄腕エージェントがドイツ占領下のフランスで活躍する。ハンターが楽しみながら書いたっていうのはよーく分る。でも読者も楽しめて読めたかはまた別のお話。せっかく面白い題材なのに何か話が上滑りして薄味だなってのが感想。スワガー・シリーズの新作を期待しよう。2021/12/17

くたくた

49
『巨匠ハンターが描く傑作エスピオナージュ』という帯の謳いに大いに期待して臨むが、あれ?なんだか大味だな、というのが感想。『エニグマ奇襲指令』に似ていなくもないが、あちらのほうが格段に面白かった。皮肉やで見栄っ張りの英国人、勤勉精励なドイツ軍人(ナチとSSが嫌いでこっそりユダヤ人を助けたりしている。)ドイツに占領されても相変わらずフランス人のままのフランス人、とまあ、とってもステレオタイプ(笑)。面白くないわけじゃないので、まあ、これが最高!という人もいるだろう(私じゃないけど)という感じでした。うーむ。2021/09/05

Richard Thornburg

33
感想:★★★  軍記モノというよりはスパイものです。  第三帝国の占領下にあるフランスへイギリスの特殊作戦執行部のエージェントが潜入し、ミッションを遂行するという話です。  アラン・チューリングが実名で登場したりして序盤から暗号がどう絡んでくるのか・・・なんてことを期待させます。  テンポもいいし話そのものは全然悪くないと思うんですが、いつものハンター作品を期待すると肩透かしを喰らうかも。  派手さはないものの、個人的にはペース配分を見直せばもっと面白くなったんじゃないかなという印象を受けました。2022/03/07

泰然

23
巨匠ハンターの作品は緻密なヘヴィさ、銃器戦の精密表現、熾烈な頭脳戦に魅せられるが本作は少し趣が違う。軽妙洒脱なフィーリングがありつつも、軽薄にならずむしろ肩の力を抜いてかつツボを巧く押さえた英国系歴史エスピオナージ小説が謎解きの繰り返しで展開される。ナチス占領下のフランスに隠密空挺降下した主人公の英国特殊作戦執行部のベイジルはある聖職者の写本を狙う。しかし本当の目的は他の所で既に動き出しており…。酒好き、女好き、ウィットでややもすれば紋切だが、ブリティッシュな知力で戦い、次には実在人物の配置に唸らされる。2021/09/19

ドナルド@灯れ松明の火

21
ハンターの作品としては期待外れ。プロットはいいのだが英国内の状況や暗号解読の困難さの説明が冗長。肝心のナチスとの抗争の描写が物足らなくてがっかり。2022/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18304756

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。