扶桑社ミステリー<br> ビーフ巡査部長のための事件

個数:

扶桑社ミステリー
ビーフ巡査部長のための事件

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月18日 02時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 335p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594087128
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ケント州の「死者の森」で、頭部を銃で撃たれた死体が発見される。地元警察が自殺として処理するつもりだと考えた被害者の妹は、警察を退職して私立探偵を始めたビーフに事件の再調査を依頼する。一方、その一年前、ウェリントン・チックルは一冊の日誌を書き始めた。「私は殺人を実行する決心をした。…そして、ここが肝要な点なのだが、―私には動機がないのだ」『野獣死すべし』ばりの構成の妙とフェアプレイの精神で読者を魅了する、英国本格の精華がここに登場!

著者等紹介

ブルース,レオ[ブルース,レオ] [Bruce,Leo]
1903年、ケント州イーデンブリッジ生まれ。本名ルーパート・クロフト‐クック。さまざまな著作活動を行いながら、ブルース名義で1936年に最初の本格ミステリー『三人の名探偵のための事件』(扶桑社ミステリー)を発表。ビーフ巡査部長を探偵役とする長篇を8作刊行したのち、新たな探偵キャロラス・ディーンを登場させる。その後計23作のディーン・シリーズを遺し、1979年死去

小林晋[コバヤシススム]
1957年、東京生まれ。クラシック・ミステリーを中心に訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

cinos

60
森で頭を打ちぬかれた男の妹の依頼で事件の捜査に乗り出すビーフ巡査部長(実は警察をやめた探偵)。記述者タウンゼントに自分の活躍を書いた小説のことで苦言を呈し、ビールを飲みながらも事件の真相に迫っていく。一方、完全犯罪を企てる男の手記も挿入される。解説のタイトルの説明に納得しました。某作品は読んでいたけど、この作品の結末には満足しました。小説に書かれる探偵と記述者という関係はホーソーンとホロヴィッツみたいと思いました。面白かった! レオ・ブルース、もっと出してほしいです。2021/02/13

geshi

29
倒叙ものの一つとして読んでいたが捻った解決を求める探偵小説マニアに向けての皮肉な結末にニヤリとできなかったので、最初からそういうものとして読めば面白さが違ったかな。冒頭にチックルの動機なき殺人計画が記され、名探偵ビーフが記述者をやきもきさせながら聞き込みを行い手掛かりを拾い上げて徐々にチックルに迫っていく展開はオーソドックス。しかしラストの解決編で読者の逆手をとる拍子抜けを行い、構造のためにカタルシスを放棄してしまって釈然としないものが残った。2021/06/02

本木英朗

19
英の本格ミステリ作家のひとりである作者の長編のひとつである。ケント州の「死者の森」で、頭部を銃で撃たれた死体が発見される。地元警察が自殺として処理するつもりだと考えた被害者の妹は、警察を退職して私立探偵を始めたビーフに再調査を依頼する。一方、その一年前、ウェリントン・チックルは一冊の日誌を書き始めた。「私は殺人を実行する決心をした。……そして、ここが肝要な点なのだが、――私には動機がないのだ」……という話である。さすがビーフ、そしてブルース先生である。これはもう、読むしかないってば!(→)2021/02/16

ケイジ

15
殺人の完全犯罪を計画している男の独白から始まります。終盤ではそうきたか、という感じ。300ページちょっとで長くなく、楽しめた佳作。2021/02/05

J・P・フリーマン

13
序盤に犯人の犯行計画の手記を持ってくるという構成で、倒叙ミステリの趣があるけど、物語全体から普通の倒叙ミステリではないことが伝わってくる。メタな発言を挟みながら真相にたどり着くビーフ巡査部長だったが、この結末はサプライズというより肩透かしでは?と思った。2021/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17468388

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。