中国が反論できない真実の尖閣史

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

中国が反論できない真実の尖閣史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月24日 05時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594077730
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C0095

内容説明

中国人にとって歴史はニセモノの骨董品!ウソと捏造から領土を守れ!中国人でも読める漢文史料と世界中の航海地図を検証すれば、尖閣が日本の領土であることは明白だ!

目次

序章 尖閣を守るために中国との歴史戦で勝つべきとき
1章 中国が曲解する「最古の史料」
2章 中国が主張する「有力史料」の捏造疑惑
3章 中国歴代王朝の官製地誌に記された領海
4章 琉球と清朝の領海の記録を検証する
5章 近代西洋人の航海記録に登場する尖閣
6章 現代地図と尖閣名称の変遷から探る領有権問題
7章 尖閣諸島に初めて上陸したのは日本人
終章 尖閣の陥落は日本の終わりの始まり

著者等紹介

石平[セキヘイ]
1962年、四川省成都市生まれ。’84年、北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、’88年に来日。’95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を発表、中国の反日感情の高まりを警告。以後、中国や日中関係の問題について、講演・執筆・テレビ出演などで精力的に活動している。2007年、日本国籍を取得。『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞

いしゐのぞむ[イシイノゾム]
長崎純心大学比較文化学科准教授、漢文学専攻。1966年、東京生まれ。’89年、京都大学中国語学中国文学科卒業。’00年、同研究科博士課程学修退学。’01年、長崎総合科学大学講師。’08年、長崎純心大学講師。’09年より現職。笹川平和財団島嶼資料センター調査委員。’16年度内閣官房委託沖縄平和協力センター尖閣資料調査事業特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。