扶桑社新書<br> 経済学が世界を殺す―「成長の限界」を無視した倫理なき資本主義

個数:
電子版価格 ¥842
  • 電書あり

扶桑社新書
経済学が世界を殺す―「成長の限界」を無視した倫理なき資本主義

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年11月21日 21時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784594077112
  • NDC分類 331.04
  • Cコード C0295

内容説明

経済成長という“宗教”から抜け出せない主流派経済学は、“害悪”でしかない!!このまま信じていたら人類は滅亡する!

目次

第1章 人間界、自然界、至るところに断絶を生む「経済学中心主義」
第2章 何がこの断絶という“不都合な現実”を生み出すのか
第3章 非主流派経済学者、“非経済学者”らによるエコノミズム批判語録
第4章 文明の危機、人類は生き残れるのか?
第5章 適応から本来へ向けた“逆ビジョン”
第6章 世界への提案「西瓜縦割り理論」(Melon Slice Theory)

著者紹介

谷口正次[タニグチマサツグ]
1938年東京都生まれ。日本唯一のフリーの資源・環境ジャーナリストとして執筆・講演活動を行う。NPO法人ものづくり生命文明機構副理事長、サステナビリティ日本フォーラム理事も務める。1960年九州工業大学鉱山工学科卒業、同時に鉱山技術者として小野田セメント(現太平洋セメント)入社。1996年専務取締役。循環型社会を目指して環境事業部を立ち上げ産業廃棄物・一般廃棄物をセメント原・燃料とするなどの事業を推進。2001年屋久島電工社長として、屋久島を水素社会にすることを計画するも挫折。2008年、資源・環境戦略設計事務所を設置(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報


このまま信じていたら人類は滅亡する!

 21世紀に生きる私たちは、資源と環境の限界に直面している人類最初の世代。しかし、その原因を作ってきた「主流派」と呼ばれる経済学者たちは、それをまったく無視し続けている。「地球の資源と環境には限りがある」ということを認めず、植民地時代と変わらず経済成長と進歩を結びつけ、現実を見ずに数字上のものばかり追い求めている。これは科学的な学問ではなく“宗教”だと著者は批判する。
 このままでは将来世代にすべてツケが回ってしまう。技術者・経営者として資源収奪や環境破壊の現場を見てきた著者が警告、そして新たな経済のあり方「自然資本経営」を提言する。実は、そのヒントは日本にあった! 

▼概要
第1章:非主流派経済学者 “非経済学者によるエコノミズム批判語録
第2章:至るところに断絶を生む経済中心主義
第3章:なにがこの断絶という不都合な現実を生み出すのか
第4章:文明の危機、人類は生き残れるのか?
第5章:適応から本来回帰への“逆ビジョン”
第6章:自然資本の経済の構築に向けて世界への提案「西瓜縦割り理論」



谷口 正次[タニグチマサツグ]
1938年東京都生まれ。資源・環境ジャーナリスト。太平洋セメント年専務取締役時代に、循環型社会を目指して環境事業部を立ち上げる。2001年屋久島電工社長の傍ら、1998?2008年国連大学ゼロエミッション・フォーラム産業界代表理事として地球環境問題に取り組む。2008年「資源・環境戦略設計事務所」代表に。2006?2009年国際日本文化研究センター共同研究員、千葉商科大学政策情報学部非常勤講師、(資源・環境論)、2014?2016年京都大学大学院経済学研究科特任教授。現在はNPO法人ものづくり生命文明機構副理事長、サステナビリティ日本フォーラム理事も務める。著書に『メタルウオーズ』『自然資本経営のすすめ』(ともに東洋経済新報社同社)など。