扶桑社新書<br> 危機にこそぼくらは甦る―新書版ぼくらの真実

個数:

扶桑社新書
危機にこそぼくらは甦る―新書版ぼくらの真実

  • ウェブストアに73冊在庫がございます。(2017年10月24日 19時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 400p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784594077006
  • NDC分類 304
  • Cコード C0295

内容説明

「ぼくらの危機」登場!あの「ぼくらの真実」が加筆で待望の新書に進化。半島危機、トランプ現象…世界は喘ぎ、ぼくらは潜在力を爆発させる。

目次

次の扉を開こう(独立;正憲法;ジパング・デモクラシー/日本型民主主義;光の道;あとがきに代えて)
その後のぼくら―新書としての再生に寄せて(危機を生きる;危機を笑う)

著者紹介

青山繁晴[アオヤマシゲハル]
作家。小説からノンフィクションまで幅広く上梓。参議院議員。一年生議員ながら自由民主党の領土特命委の幹事などを務める。東京大学教養学部、近畿大学経済学部、防衛省の幹部研修で教鞭を執り続ける。神戸市生まれ。慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社の記者(経済部、政治部など)、三菱総合研究所の研究員を経て、日本初の独立系シンクタンク、株式会社独立総合研究所(独研)を創立。代表取締役社長・兼・首席研究員。2016年夏、参院選出馬と共にすべて退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ヒット作、待望の新書化!拉致問題、北方領土問題、竹島問題、赤珊瑚密漁問題等が解決しないのには致命的なわけがある!これらの問題はすべて「根っこ」でつながっている。なぜ拉致被害者を北朝鮮まで奪回に行かないのか? なぜ中国漁船の赤珊瑚密漁を指をくわえて見るだけのか?超ロングセラー『ぼくらの祖国』。その原点中の原点をえぐり出す、いわば正編の登場。「新書版のためのあとがき」30ページを加筆!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件