夫のちんぽが入らない

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

夫のちんぽが入らない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月26日 19時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594075897
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)




こだま

こだま[コダマ]
主婦。ブログ『塩で揉む』が人気。自主制作した同名ブログ本は同人誌即売会・文学フリマで異例の大行列を生む。現在、『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』で連載中。本書『夫のちんぽが入らない』がデビュー作となる。

内容説明

衝撃の実話。交際期間も含めて二十余年、好きなのに入らない。

著者等紹介

こだま[コダマ]
主婦。’14年、同人誌即売会「文学フリマ」に参加し、『なし水』に寄稿した短編「夫のちんぽが入らない」が大きな話題となる。’15年、同じく「文学フリマ」で頒布したブログ本『塩で揉む』は異例の大行列を生んだ。現在、『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』で連載中。短編「夫のちんぽが入らない」が、初の著書になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

529
話題になってから、図書館に予約したのでようやく読めました。発売されてから1年のため、新作ハンターとしてはギリギリです。タイトルのインパクトが強いですが、読み易い私小説的恋愛教師小説でした。文章は悪くないので、次回作も期待です。世の中にこういう症状の人はどの位の割合で存在するのでしょうか?2018/01/12

鉄之助

494
エロい本かと思って、読み始めたら大違い。極めて真面目な、夫婦の生き方、教育問題、心が壊れる人々の実態…などなど、鋭くえぐった作品だった。「どん底」を持っているだけで、私は強い気持ちになれる。この言葉は、私に対する大いなるエールと受け取れた。このタイトルで出版することに著者は大いに迷ったそうだが、編集者の「このタイトルが良いんです。最高のチンポにしましょう」との心意気に押され上梓。この編集者・扶桑社の高石智一氏にファインプレイ賞を贈りたい。2018/10/21

ミカママ

457
旬の作品は旬のうちに。「ちんぽが入らない」のフレーズが枕詞のように使われていることに辟易しながらも、文章の上手さにのっかって一気読みでした。夫婦の形はひとつではない。大切な彼が「批判にさらされたとしても、私だけは味方でいよう」が、作品の全てを語っているように思います。2017/02/19

菅原孝標女@ナイスありがとうございます

402
「…な、なんじゃこりゃ」読み終わって思わず口にした言葉がこれだった。どうか、タイトルで敬遠しないでほしい。もっと多くの人に読んでほしい。大学で教育を専攻しているので教育現場の話もあって興味深いエッセイだった。どうかこの夫婦が朽ちる時まで幸せでありますように。2020/01/22

三代目 びあだいまおう

365
何かの比喩表現だと思ったタイトルは、著者の悩みそのもので、生きていく痛みの根底だったんですね。二人の出会いはあり得ないほど不自然な著者一人暮し初日。その出会いはこれまで孤独世界で隠れるように生きてきた彼女の生活に潤いを与えた。しかし時に強制的に『潤い』を与えても夫のちんぽは入らない!きつめな人生かも知らないけど、それでいいと思うし、いい夫婦だよ!つくづく思うけど、親子だからって夫婦だからって家族だからって、それだけで上手くいくわけない。ちゃんとお互いで親子に、夫婦に、家族に『なる努力』が大事なんだ‼️🙇2019/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11185023

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。